ルター破門から500年 カトリックとルーテルが来年6月に合同記念行事

2020年1月25日12時40分 印刷
+マルティン・ルター
マルティン・ルター像(ルーカス・クラナッハ画、1529年、ウフィツィ美術館蔵)

宗教改革を行ったマルティン・ルター(1483~1546)が、カトリック教会に破門されてから来年で500年となるのを覚え、カトリック教会とルーテル教会が来年6月、ローマで合同記念行事を行う。ルーテル世界連盟(LWF)が24日、発表した。

発表(英語)によると、LWFとローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会(PCPCU)は14日、スイス・ジュネーブで年次会合を開催し、ルターの破門500年を覚え、2021年6月25日に礼拝を伴う合同行事を行うことで合意した。開催日は、ルーテル教会が用いている「アウグスブルク信仰告白」が最初に読み上げられた1530年6月25日の記念日に合わせた。

宗教改革は、ルターが1517年10月31日、ドイツ・ヴィッテンベルクの城教会に「95カ条の論題」を張り出したことで始まったとされている。その後、カトリック神学者ヨハン・エリックと3週間余りにわたって論戦した「ライプツィヒ討論」(1519年)などを経て、ルターはカトリック教会との断絶が決定的となる。そして、自説を撤回しなければ破門するとした当時の教皇レオ10世の警告を無視したことで、1521年に破門された。

合意を受け、LWF総幹事のマルティン・ユンゲ牧師は「歴史を元に戻すことはできない。しかし、われわれは信仰者として、カトリックとルーテルの関係を構築し続けるために、理解、癒やし、そして和解の賜物に依り頼むことができる」とコメント。PCPCU議長のクルト・コッホ枢機卿は、「500年がたち、(ルターが異端とされ国外追放とされた)ヴォルムス帝国議会とルターの破門を振り返るこの時、われわれは、互いの交流において再び対立に戻るのではない。むしろ、和解の道を歩み続けることを願っている」と語った。

ルター派とも呼ばれるルーテル教会は、ルターの流れをくむプロテスタント教会。宗教改革500周年となった2017年も、カトリック教会と合同でさまざまな記念行事を開催。前年16年には、教皇フランシスコとLWF議長(当時)のムニブ・ユナン監督が共同声明を発表するなどしていた(関連記事:ルーテルとカトリック、宗教改革記念で歴史的な共同の祈り 教皇とLWF議長が共同声明に署名)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース