差別

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師

キング牧師生誕90年、非暴力で差別と闘った39年の生涯

キング牧師が生まれてから、今年で90年を迎えた。牧師の息子として生まれ、当時公然と人種差別が行われていた米国で、黒人公民権運動の指導者として生涯をささげた。米国では1月第3月曜日が記念の祝日となっており、今年は21日がその日に当たる。

2019年01月21日22時58分

クリスチャンの教授ら千人以上が署名、人種差別・女性蔑視・移民排斥などの罪認める声明を発表

クリスチャンの教授ら千人以上が署名、人種差別などの罪認める声明を発表

全米のクリスチャンの教授や教員ら千人以上が、「弱い立場の人々」の存在を認め、擁護する約束を中心とした声明に署名した。声明は、人種差別や女性蔑視、移民排斥主義、経済格差を「国家的な罪」と指摘している。

2017年04月14日23時46分

米女子高生2人、人種差別的発言で退学に 親が反発し訴訟

「人種差別的なメッセージを発信した」として退学処分を受けていた、米カトリック系のマリスト高校の女子生徒2人の親が、学校を相手に100万ドル(約1億1500万円)の賠償金を求めて訴訟を起こした。米ワシントンポスト紙が報じた。

2016年12月14日0時14分

南インド教会の議長、カースト差別をやめるよう要求 ダリットの学生自殺事件で

南インド教会の議長、カースト差別をやめるよう要求 ダリットの学生自殺事件で

1月17日のベムラさんの死は、ダリットやインドの「低い身分のカースト階級」が直面している差別が続いていることについて、インド全体で抗議や怒り、そして論争や幅広いメディアの注目を引き起こした。

2016年02月04日16時57分

グローバル・クリスチャン・フォーラム、「差別・迫害・殉教」をテーマに国際会議を開催

グローバル・クリスチャン・フォーラム、「差別・迫害・殉教」をテーマに国際会議を開催

世界のさまざまなキリスト教の代表者からなる「グローバル・クリスチャン・フォーラム」は、2日から3日間にわたって、「差別・迫害・殉教:共にキリストに従う」をテーマに、アルバニアの首都ティラナで国際会議を開催し、会議メッセージを発表した。

2015年11月09日16時54分

日本カト部落差別人権委、シンポ「人間のいのちと尊厳」開催(2)ジャーナリスト中村氏と吉岡神父の提言

日本カト部落差別人権委、シンポ「人間のいのちと尊厳」開催(2)ジャーナリスト中村氏と吉岡神父の提言

次に、著書に『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件』(岩波書店、2014年)などがある元毎日新聞記者のジャーナリスト、中村一成(いるそん)氏が、「『私たち』はどのような時代に生きているのか」と題して発題した。

2015年11月08日19時32分

日本カト部落差別人権委、シンポ「人間のいのちと尊厳」開催(1)平賀司祭のあいさつと崔牧師の提言

日本カト部落差別人権委、シンポ「人間のいのちと尊厳」開催(1)平賀司祭のあいさつと崔牧師の提言

日本カトリック部落差別人権委員会は10月24日、東京カテドラル関口教会で2015年シンポジウム「人間のいのちと尊厳〜教会(わたしたち)は差別、排外主義にどう向き合うのか〜」を開催し、約40人が参加した。

2015年11月08日19時31分

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

時給20円で1日18時間労働 家庭内奴隷となっていたインド人クリスチャン女性が勝訴 英国

英国在住のヒンズー教徒の雇用主から、1時間たった11ペンス(約20円)で働くことを強いられていたインド出身のキリスト教徒の女性が、これまで受けた差別に対する賠償金として18万4000ポンド(約3340万円)を受け取ることになった。

2015年10月01日22時08分

関西学院で組織神学者・栗林輝夫氏を偲ぶ会 神学のテーマとして差別や原発問題問い続けた業績振り返る

関西学院で組織神学者・栗林輝夫氏を偲ぶ会 神学のテーマとして差別や原発問題問い続けた業績振り返る

今年5月に死去した組織神学者の栗林輝夫氏(関西学院大学法学部教授・宗教主事)を偲ぶ会が23日、関西学院会館「光の間」(兵庫県西宮市)で開催された。同大キリスト教と文化研究センター主催、同大神学部・宗教主事会共催で行われ、約150人が出席した。

2015年09月24日18時55分

ハンセン病の差別の歴史伝える資料館、沖縄愛楽園内に開館

ハンセン病の差別の歴史伝える資料館、沖縄愛楽園内に開館

沖縄県名護市にある国立ハンセン病療養所「沖縄愛楽園」に、ハンセン病による差別の歴史を伝える資料館「交流会館」がオープンし、今月から一般公開が始まった。新たな施設としてこうした資料館を構えるのは、全国に13ある国立ハンセン病療養所では初めて。

2015年06月19日14時23分

差別・迫害・殉教をテーマに アルバニアで11月に超教派の世界会議

差別・迫害・殉教をテーマに アルバニアで11月に超教派の世界会議

世界のさまざまな教派のクリスチャンが出会いを広げる世界組織「グローバル・クリスチャン・フォーラム」(GCF)は、11月2日から3日間にわたって、世界会議をアルバニアの首都ティラナで開催する。主題は「差別・迫害・殉教:共にキリストに従う」。

2015年06月04日11時45分

米南部バプテスト連盟の指導者、教会内での差別撤廃を呼び掛け

米南部バプテスト連盟の指導者、教会内での差別撤廃を呼び掛け

米国で最大のプロテスタント教派である南部バプテスト連盟は、奴隷所有者を支持する立場で1845年に設立されたが、現在の指導者たちは、全ての人種のキリスト教徒が共に礼拝するべきだと述べている。

2015年02月06日23時56分

大阪府:「差別問題 もっと深めて学びたい!」

カトリック大阪大司教区社会活動センター・シナピス主催の「差別問題 もっと深めて学びたい!」が、12月6日(土)に大阪市の大阪大司教区本部で開かれる。参加無料。

2014年10月23日11時03分

「外国人への差別を変えてほしい」 カトリック信徒の仮放免者が訴え

「外国人への差別を変えてほしい」 カトリック信徒の仮放免者が訴え

5日に宇都宮市内の病院で行われた北関東医療相談会の外国人向け健診で、12年前にバングラデシュから来日し今も難民認定を申請中の仮放免者であるカトリック信徒のAさんが、本紙の取材に応じ、日本での外国人の差別的な扱いを変えてほしいと訴えた。

2014年10月07日17時35分

オーストラリアのキリスト教系学校校長、イスラム教徒の教師を拒否し波紋広がる

オーストラリアのキリスト教系学校校長、イスラム教徒の教師を拒否し波紋広がる

オーストラリアの或るキリスト教系の学校が、5月初旬に校長が2人のイスラム教徒の教師を受け入れなかったことを受けて、反発を受けている。

2014年06月04日10時44分

「人生で一番大切なものは神」と答えた学生が入学却下、大学を告訴

「人生で一番大切なものは神」と答えた学生が入学却下、大学を告訴

法と正義のためのアメリカンセンター(ACLJ)が、あるメリーランド州のコミュニティカレッジを訴えている。ある学生が、人生で一番大切なものは神だと言ったことが原因で、大学への入学を却下されたためだ。

2014年04月30日14時13分

東京告白教会牧師篠塚予奈氏の祈りに合わせる参加者らの様子。2012年8月9日、東京都世田谷区で。

「見える豊かさ」の裏側に隠された差別―沖縄問題の今昔(2)

渡辺氏は沖縄から半強制的に疎開させられた人々が犠牲者となった学童疎開船対馬丸の事故についても触れ、沖縄の人々が疎開の悲しみについて語り継いできた事実を伝えた。

2012年08月14日5時47分

講演を行う渡辺信夫氏=9日、東京都世田谷区で

「見える豊かさ」の裏側に隠された差別―沖縄問題の今昔

9日、世田谷烏山区民センター(東京都世田谷区)で日本キリスト教会東京告白教会主催の「日本支配下の沖縄―40年を顧みて」と題した平和講演会が開催された。講演会では太平洋戦争中に沖縄に海軍少尉として上陸し、戦後も沖縄問題に関わってきた日本キリスト教会教師の渡辺信夫氏が沖縄問題の今昔、および沖縄問題から改めて考える福島原発問題について問題提起を行った。

2012年08月14日5時45分

 1590年に印刷された「アメリカの発見」の様子。コロンブスが先住民族の領土に十字架を打ち立てている。

WCC、土着民族を差別する教説の廃棄を公式に発表

世界教会協議会(WCC)は14日から18日までスイスボセイで開催された協議会において、「発見者の権利」を廃棄する声明を発表した。WCCエグゼクティブ委員会は、「『発見者の権利』はイエス・キリストの福音に完全に反するものである」とする声明文を発表した。

2012年02月28日19時24分

ネパールで宗教差別反対キャンペーン

【カトマンズ=ENI・CJC】ネパールでは、毛沢東主義色の濃い連立政権による新憲法採択を目前に、キリスト者、イスラム教徒、仏教徒など少数派が宗教差別反対のキャンペーンを始めた。

2011年08月18日1時56分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース