百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(40)松下幸之助 篠原元

2020年10月20日15時49分 コラムニスト : 篠原元 印刷
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(52)松下幸之助 篠原元
松下幸之助(写真:時事画報社「フォト(1961年8月15日号)」より)

言葉(ことば)には、力があります。言葉一つで人を元気にできるし、言葉一つで恋が実るし、言葉一つで人生を変える…力があります。あと、言葉一つでオフィス(会社)を空にすることもできる!

あるお話です。大富豪のベニーさんの一言が、とんでもない騒ぎを巻き起こします。ある州に住んでいるベニーさんは、非常にめずらしい犬種の犬(つまり、かなりの高値で買った)を飼っていたそう。でもある日、その犬に逃げられた!! さあ、大変!!!

ベニーさんは、どうしたか? 一言ですよ、一言だけ、新聞紙に広告を出したそうです。「私の愛犬を見つけてくれた方には、謝礼300万円をお支払いします」って。

でも、数日間待っても、ベニーさんには良い連絡がなかったそう。それで、ベニーさんは、居ても立っても居られなくなって、新聞社の方に何か連絡がないかな…と、新聞社に行ってみることに。

新聞社に着いたベニーさん。まず、1階の受付にいた女性に「広告部のジョニー氏にお会いしたいのですが」。すると「申し訳ございません。あいにくジョニーは留守にしております」と受付の女性。「あぁ、それでは…マネージャーのバニーさんは?」

「申し訳ありません。バニーも外出中です」。「う~ん、バニーさんもかぁ…。じゃあ…」と言いかけるベニーに、受付の女性が申し訳なさそうに言います。「その、実は…、広告部のモノ全員が、ただ今外出しておりまして…」。「えッ?! 皆さんが? 何かあったんですか?」

すると、彼女が言ったそうです。「はい。あの広告を載せた日から、広告部の全員が必死になって、毎日ベニー様の愛犬捜しに出掛けております…」

チャンチャン。はい、そうです。ベニーさんの広告「愛犬見つけたら300万円!」の一言で、広告部の全員が、仕事そっちのけで我先に…我こそは、と捜し回りだした、ってことです。おいおい仕事は…って話ですね。まぁ、見つけたら「300万円」という大金が動くからでしょうけど、ベニーさんの一言には大きな力があったのですね。その一言で、新聞会社の広告部フロアを空っぽにするほどの、力が!

はい、そして世界のベストセラーである聖書の中に、このような言葉があります。

初めに、ことばがあった。(新約聖書・ヨハネの福音書1章)

また、あの松下幸之助がこの聖書の中の言葉についてこう言っています。

“はじめに言葉あり”という句が聖書の中にある…、私が経営においてやってきたのは、いわばそういうことだったのです。最初に一つの発想をし、それを“このようにしよう”ということばにあらわし、みんなで達成していくということです。(『100人の聖書』82ページ)

ここで松下幸之助が言う“はじめに言葉あり”の「言葉」とは、何の言葉だったのか? はじめに、どのような言葉があったの? はじめに、世界の始まりの前に、何の言葉があったのか興味ありませんか?

結論から言うと、ここで言う、“はじめに言葉あり”の「言葉」とは、まさに世界のベストセラーの聖書、そう、聖書に書かれている言葉のことです。

皆さん、聖書は世界で一番読まれている本。でも、それだけではありません。聖書は、世界で一番古い本。そして、ずっとずっと太古の昔から読み継がれている本です。カントもゲーテも、また、ガリレオ、バッハ、モーツァルト、福沢諭吉、新島襄と八重、ヘレン・ケラー、カーネギー、リンカーン、マッカーサー、チャーチル、ガンジー、蒋介石、高橋是清、大平正芳、中曾根康弘も聖書を読んでいたんです。その他、歴史上の数え切れない偉人の多くが読んでいた書物、それが、聖書です。

だから、最後です。今、10月。秋です。“読書の秋”です。世界のベストセラーである聖書を手に取ってみませんか? 美しい言葉の数々との出会い、心を震わす感動を体験できる…そんな読書時間。聖書と一緒に、ステキな“読書の秋”をお過ごしください。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース