百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(35)ヘレン・ケラー 篠原元

2020年7月7日16時31分 コラムニスト : 篠原元 印刷
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(29)ヘレン・ケラー 篠原元
ヘレン・ケラー(1880~1968)

皆さん、こんにちは。生きていて、「知りたくなかった!」とか「知らない方が楽だった」ってこと、案外いっぱいありますよね?

これは、ある一家の話です。お父さん、お母さん、男の子の3人で、キャンプ場に出掛けました。車を降りて、男の子がパッと走り出します。キレイな川が流れている!!

男の子がお母さんに聞きます。「お母さん! 今から、泳いでいい?」お母さんは、一言。「ダメよ! あそこに『危険!!川遊び禁止!!』って書いてるでしょ」

すると、男の子。「でも、パパは、泳いでるじゃん!!」

はい、質問。お母さんは、ここで何と答えるでしょう?

1)「大人なんだからいいのよ」
2)「パパは、泳ぐの上手だから」

どっちでしょう?

答えは・・・両方不正解で~す!!

お母さんは、こう答えたそうです。「パパは、いいのよ! ちゃんと、生命保険に入ってもらってるんだから!!」

いやぁ。旦那さんが奥さんのこのセリフ聞いたら、泳いでるどころじゃないね。ショックで足つって、本当に溺れちゃうかも・・・。もしくは、キャンプ場がサバイバル場になるか・・・?

言えることは、一つ!! この親子(母と息子)の会話の内容、絶対に、お父さん(旦那さん)は知らない方がいいです。その方が幸せだし、笑顔でいられるし、家庭は円満のはず?

もう一つ、「知らない方が幸せ」っていう話。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(2019年公開。天皇皇后両陛下と愛子内親王も鑑賞された)という映画を見ましたか? 主人公は広島市育ちで、呉に嫁に来た、すず。戦争の時代の物語です。

すずは夫の周作、そして、舅や姑、それから義姉、姪と暮らしていく・・・。それなりに葛藤し、それなりに幸せに。だけど、ある時、知ってしまう。夫と遊郭の女性の、関係を。自分との結婚前とはいえ・・・。

夫が、遊郭の女性と・・・。そして、自分には知らされていなかった夫の秘密。すずは、それまで通りにはいかなくなります。夫婦関係がギクシャクしだす。また、夫婦の営みも・・・拒んでしまう。

何となく分かる気、しません? すずの気持ち。すずにとっては、知らない方が幸せだったのかもしれませんね。

そして、最後にもう一つ。映画「日々是好日」(2018年公開作品)の話です。

主人公の典子(黒木華さん演じます)は、一人の男性と婚約している身です。だが、ある日、知ってしまう!!驚愕の事実を。それは、相手(婚約者)の不貞行為、裏切り、です。挙式までは、残り2カ月でした。

典子は葛藤します。自分だけでこの事実をのみ込んでしまえ(赦せ)ば、そのまま結婚です。長い間、世話になった両親にも、これ以上心配をかけないで済む。

皆さんならどうしますか? 女性の皆さん&男性の皆さん。挙式まで残り1カ月くらい。もう、式場も当然決まってるし、招待もしてるし、ドレスとかだって予約している。そんなある日・・・。仕事の後、同性の友達と飲みに行った帰り、信じられない光景を目にしてしまう!! 彼が女と、手をつないで、ホテルから出て来た・・・!!

「本当にゴメン! こいつ、元カノで、たまたまバッタリ会って、酒の勢いで、そのまま・・・。でも、信じてくれ!! 本当に、こんなこと、今までになかったんだぁ!!」と土下座して、必死にあなたの許しを請う彼・・・。どうします?

また男性の皆さん。ある日、仕事帰り、自宅への夜道を歩いていると、暗闇の中で熱く抱擁し、キスを交わしてる男女が。「ケッ!! 何やってんねん、公道で!」と思いながら、通り過ぎようとすると、女の顔が、チラッと見えた!

一瞬、目を疑う。夢かと、自分の頬を殴る(つねる)。だが、違う・・・夢なんかじゃない、現実だ!! そして、次の瞬間、女(婚約者)と目が合う・・・。バッと、そいつ(男)から離れて、必死に言い訳してくる婚約者。

「ごめんなさい!! 大学の先輩と偶然会って、その場の流れで・・・。どうかしてたの、私。赦して!!」と言いながら、ついてくる! どうします?

いや、本当にどうします? 男性の皆さん、女性の皆さん。すでに、式場も押さえてるし、両家の顔合わせも済んでるし、お祝いメッセージが書かれた返信ハガキも届いている。怒り心頭、殺意を覚える・・・だけど、「今回だけは・・・」と赦す? もしくは、「ザケんな!この不倫ヤロ―!!」と、見切りつける?

映画の中で、典子は、どうしたか? 典子はね、婚約者を赦すことは・・・できなかった! で、結婚式はキャンセルです。

結びです。皆さんは、どうですか? 典子の立場なら、本当に赦せます? それとも、典子と同じく、結婚は取りやめ?

はい。最後の最後に、世界のベストセラーである聖書はどう言っていて、どう教えているか、お伝えしますね。

ちなみに、聖書は今も多くの人に読まれています。また、ヘレン・ケラーもリンカーン、バッハ、ガンジー、ガリレオ、松下幸之助、ニュートン、ゲーテ、新島八重、福沢諭吉も、聖書を読んでいました。

ヘレン・ケラーにいたっては、こう言っています。「聖書の中に発見した、まばゆいばかりの光・・・。・・・聖書を読むうちに、喜びと感銘は深まるばかり。・・・聖書は、私にとって特別な愛読書となっている」(『100人の聖書』55、56ページ)。また、深い信念を与えてくれる書、自分の一生に大きな影響を与えた書だと、ヘレン・ケラーは聖書のことを述べています。

そうです。まさに、聖書の中には、まばゆい光がある。また、喜びや感銘を深めてくれる、聖書。その聖書は、どう教えてるか、「赦し」について。

結論から言うと、「赦しなさい」と教えています。また、「復讐するな」とも教えています。「ザケんな!」「こっちの身になれよ!」「やられ損かよ!?」と思いますよね? 思って、当然です!

でも、聖書は「赦してあげなさい。そして、復讐もなしね」って、それだけを言っているわけじゃないのです。聖書には、こう書かれています。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする」と。これは、キリストの神様の言葉です。

皆さん、キリスト教会っていうと、何か、ただ一方的に「愛しなさい」「赦しなさい」「人類みな平和」とか言っている、教えられるってイメージでしょう? でもね、キリストの神様は、正しく、公正で、公平で、間違いがないお方です。

あなたの悔しさだって、言葉にならない怒りだって、分かっていてくれています。そして、さっきのように、言ってくれている。「復讐はわたしのすることである」。そして、だからこそ、「自分で復讐してはいけません」と。きわめつけに、こうも書いてある。「神の怒りに任せなさい」。そう、キリストの神様は、怒り、ちゃんと復讐してくれる!

皆さん。もう一度言います。キリストの神様は、あなたの怒りも、悔しさも、無念さも、全部分かってくれています。そして、あなたを助けて、あなたに良くしたいと思っておられる。だから、今日、そのキリストの神様を信じるクリスチャンに、あのカカさんのようになって、もっと良い人生を送りませんか? あなたを裏切ったあいつより・・・。

あなたは、そうなれます! もっと良い人生を神様によって歩めるし、歩むべきです!!(カカさんのように、クリスチャンになる簡単な方法は、シーズン2の29で絶賛紹介中!!)

次回の百人一読は、7月28日にアップします。暑い夏も、世界のベストセラーである聖書を読んで、楽しく過ごしましょう♪

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース