新・景教のたどった道(2)私と景教との出会い 川口一彦

2019年1月31日12時22分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦景教

私と景教との出会い

新・景教のたどった道(2)私と景教との出会い 川口一彦

私と景教との出会いは、名古屋を中心に1985年に発会した東海聖句書道会の初期の展覧会に景教碑の拓本が飾られ、その一つ一つの漢字に魅了されたときからでした。一字一字をよくよく見ると、唐代の優れた書風で書かれ、「素晴らしい」の一言でした。さらに読み進めていくと、聖書や景教(キリスト教)の教え、景教と唐代との関係が歴史的に書かれていて、特に「三一」という三位一体の漢字表記やシリア語表記が数多くあることにも驚きでした。

その拓本は、会員のキリスト者が中国西安に旅行した際、購入して東海聖句書道会の初代会長であった保田井善吉(蘇水)先生(当時、調布バプテスト教会牧師)にプレゼントし展示されたものでした。私も聖句書道会設立の発起人で、事務局長を最初の5年間務めさせていただいたこともあり、会長と相談して拓本をコピーし、聖句書の手本にしたいと話すと快諾され、話が進んでいきました。名古屋の製本会社に持ち込み、社長から製本について学び、出来たのが2000年6月30日発行のひもとじ300冊限定自費出版のものでした。題は『シルクロードを東に向かったキリスト教 景教』です。

この本は、地元の新聞社の役員でキリスト者の方から掲載できるとのお話を受け、原稿を投稿して紙上掲載されたことからすぐに品切れとなり、関心の高さを体験しました。

新・景教のたどった道(2)私と景教との出会い 川口一彦

新聞購読者からは、購入したいとの電話が毎日殺到し、郵送に多忙でありました。中にはエホバの証人の方からも購入の電話を受け、購入理由を聞くと、古代のキリスト教徒の神観は三位一体かエホバ神の一神教かを尋ねるものでした。私が当然三一ですよと答えると、驚いていたことを忘れません。また県内外から、特に仏教の幾人かの僧侶様からの購入依頼にも驚きでした。

私が景教について学ぶことができたのは、保田井先生からでした。先生は漢文や東洋史にも造詣が深く、またキリシタン研究会を京都で開催していたこともあり、さまざまなことを教えていただきました。ご高齢となられ、足腰の弱くなられた先生宅にたびたび伺い、景教について学ぶ機会を得、私が中国の景教ツアーから帰宅して写真などをお見せすると、先生は「私も中国景教旅行に行きたかった」と惜しまれる言葉を何度も語られたことが思い出されます。

<<前回へ     次回へ>>

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦景教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング