新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

2019年1月17日20時40分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
関連タグ:川口一彦景教

はじめに
『新・景教のたどった道』の出版に向けて

新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

このたび「新・景教のたどった道」を寄稿することとなりました。かつて2003年4月から1年間にわたりキリスト新聞社の同社新聞紙上に「景教のたどった道 東周りのキリスト教」を連載し、05年3月に同社から発売したものが絶版となり、購読を求められる声が絶えず、本書を発行することができるなら幸いと考えています。

専門的な景教資料の内容のものをイーグレープから『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(2014年)として発行しましたが、本書は一般入門書として活用していただけることを願っています。

さて、景教とはどのようなキリスト教でしょうか?世界や日本で広く知られているキリスト教は、ローマから発信して広がったローマ・カトリック教会、そこから16世紀前後に派生した宗教改革プロテスタント(抗議の意味)諸教会、英国から広がった聖公会、欧米から発展した福音主義諸教会やペンテコステ・カリスマ諸教会、さらにギリシャや東欧の東方正教会などがあります。

新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

では景教、すなわち東方景教はというと、まさに「東方」と名が付いたように、イスラエルからシルクロードで東のシリアからイラク、ペルシャ(イラン)、中央アジアへと伝わり、そこを中継点として中国に布教した古代アジアのキリスト教です。

中国では唐の太宗皇帝の時代、ペルシャから635年に初代宣教師らが来たことから波斯(ペルシャ)教と言っていました。しかし、ペルシャからはゾロアスター教やマニ教なども来ていたので、独自の名前を用いることを考え、745年ごろに大秦景教と改名し、多くの宣教師や信徒らが中国に入り、全土で栄えました。781年に有名な「大秦景教流行中国碑」が西安に建ち、景教と中国皇帝との良好な関係を石に刻みました。

850年ごろには、堕落した仏教を皇帝が排撃する中で、外国人の宗教すべてを追放する政策に景教も含まれ、指導者や信徒らは殉教し、多くは中央アジアや福建省、モンゴル、北京近郊などへと生き延びていきました。850年ごろに景教碑は土に埋められ、約770年後の1625年ごろに発見されて景教の存在がクローズアップされました。

やがて中国の唐が滅び、13世紀ごろの元の時代になると、也里可温(エリカオン、福音の意味)と名前を変え、会堂を十字寺として信仰を守り続けていました。彼らの証しを墓石や石碑などの遺跡として各地で見ることができます。

新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

筆者が景教研究の傍ら、幾つかの願いを主である神様に祈っていました。その一つが、景教碑を建立することでした。その祈りが応えられて2014年11月3日、日本景教研究会本部に大秦景教流行中国碑の模刻碑が建立されました。

中国西安の西安碑林博物館に置かれている原碑をそっくりに模して作成し、設置しました。西安碑と違う部分は、地震対策として四角い土台の御影石を造り、下の動物である龍の9番目の子ビシの後部がないことです。建立に当たっては多くの会員の献金と祈り、石材店社長の熱心さがあり、主である神様の導きがありました。

第二は、景教資料館の建設です。第三は、そのために景教関係の資料を収集することです。これらの実現に向けて景教の存在を具現化し、キリストの福音宣教の重要性を広めていきたいと願っています。

次回へ>>

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

関連タグ:川口一彦景教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング