景教

新・景教のたどった道(27)唐代の漢訳書・その2『一神論』(4)世尊布施論③ 川口一彦

新・景教のたどった道(27)唐代の漢訳書・その2『一神論』(4)世尊布施論③ 川口一彦

「世尊布施論」のメシアの裁判と十字架刑、復活と宣教命令の部分を紹介します。このように見ますと、聖書のストーリーとは似ていますが、そっくり書き写したというものではありません。

2020年02月13日16時15分

新・景教のたどった道(25)唐代の漢訳書・その2『一神論』(2)世尊布施論 川口一彦

新・景教のたどった道(25)唐代の漢訳書・その2『一神論』(2)世尊布施論 川口一彦

「世尊布施論」について紹介します。「世尊布施論」を見て聞いて、多くの方は仏教書かと感じるでしょう。以前にイーグレープから『景教』を出版した際にキリスト教書店にも置かれたことがあり、仏教書かと問われたことがありました。

2020年01月23日15時19分

東回りのキリスト教東方景教セミナー 東京・世田谷で1月25日

東回りのキリスト教東方景教セミナー 東京・世田谷で1月25日

「東回りのキリスト教東方景教セミナー」が1月25日、東京ホライズン世田谷チャペル(世田谷区桜丘5−21−7)で行われる。講師は、日本景教研究会代表で愛知福音キリスト教会宣教牧師の川口一彦氏。

2020年01月16日15時31分

第4回中国景教ツアー参加募集 3月16〜20日

第4回中国景教ツアー参加募集 3月16〜20日

日本景教研究会代表で愛知福音キリスト教会宣教牧師の川口一彦氏を団長に、北京・西安・内蒙古唐代の景教や、元代の也里可温(エリカオン=福音の意味)教の遺跡を巡る「第4回中国景教ツアー」(イーグレープ主催)の参加者を募集している。

2020年01月16日15時30分

「シルクロードと東回りの基督教」テーマに 第8回国際景教研究学術福岡大会 3月19~23日

「シルクロードと東回りの基督教」テーマに 第8回国際景教研究学術福岡大会 3月19~23日

「シルクロードと東回りの基督教」をテーマに、第8回国際景教研究学術福岡大会(日本景教研究会主催)が3月19~23日、福岡県筑紫野市の福岡国際センター教会で行われる。中国唐代の景教や元代のエリカオン教など、東方キリスト教について学ぶ。

2019年02月13日12時32分

新・景教のたどった道(2)私と景教との出会い 川口一彦

新・景教のたどった道(2)私と景教との出会い 川口一彦

私と景教との出会いは、名古屋を中心に1985年に発会した東海聖句書道会の初期の展覧会に景教碑の拓本が飾られ、その一つ一つの漢字に魅了されたときからでした。一字一字をよくよく見ると、唐代の優れた書風で書かれ、「素晴らしい」の一言でした。

2019年01月31日12時22分

新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

新・景教のたどった道(1)『新・景教のたどった道』の出版に向けて 川口一彦

かつて2003年4月から1年間にわたりキリスト新聞社の同社新聞紙上に「景教のたどった道 東周りのキリスト教」を連載し、05年3月に同社から発売したものが絶版となり、購読を求められる声が絶えず、本書を発行することができるなら幸いと考えています。

2019年01月17日20時40分

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

5月11~12日。車外からは4千メートル級の天山山脈が雄大に見えた。その裾野に広がる草原にはタンポポの花が咲き誇っていた。白樺林が立ち並ぶ主要道路を西に向かい到着したところはチョルポンアタであった。

2017年06月19日12時59分

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(2)

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(2)

5月8~9日。講義初日、川口以外に4人の講師が話された。1人は韓国から、1人はイスタンブールから、1人は福岡から、1人は地元から各宣教師たちが発表。アルメニアのセパン湖で撮影した古代東方教会のカチカ(十字)遺跡映像が映し出された。

2017年06月10日8時27分

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(1)

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(1)

主なる神の奇しき導きから初めてキルギス国に足を運ぶことができたことは、感慨無量であった。1885年、この地のビシュケクやトクマクの墓地でエリカオン信徒たちの墓石が発見された。当時の数は610個、シリア語やトルコ語の文字で刻まれ、中央には十字が彫られている。

2017年06月04日6時35分

大阪府:「シルクロードと古代キリスト教・景教」テーマに第7回国際景教研究学術大阪大会 11月28日

大阪府:「シルクロードと古代キリスト教・景教」テーマに第7回国際景教研究学術大阪大会 11月28日

第7回国際景教研究学術大阪大会が11月28日から30日までの3日間、大阪府の藤井寺キリスト教会(藤井寺市小山1-2-2)で開催される。主催は日本景教研究会(会長・川口一彦牧師)、国際景教研究会(会長・李敬云牧師、韓国)。

2016年11月14日12時23分

第6回アジア景教研究国際学術大会レポート 川口一彦

第6回アジア景教研究国際学術大会レポート 川口一彦

日本と韓国で交互に開催されている「第6回アジア景教研究国際学術大会」が10月27と28の両日、韓国水原市の水原中央長老教会(李敬云牧師)で行われた。

2015年11月07日20時39分

2015年日本景教セミナー 日本景教研究会、本部の愛知で開催

2015年日本景教セミナー 日本景教研究会、本部の愛知で開催

日本景教研究会主催の「2015年日本景教セミナー」が9月21、22の両日、愛知県春日井市の同研究会本部で開催された。今回のテーマは、本部に景教模刻碑が建ったことから、碑について理解を深めることにあった。碑文の拓本採取体験も行われた。

2015年10月17日16時02分

川口一彦氏

温故知神—福音は東方世界へ(3)東方教会の本拠地、シリアのエデッサに宣教 川口一彦

『教会史』を書いたキリスト教初期の人物にエウセビオス(260?~340?)がいます。その著の中にシリア北部にあるエデッサに派遣されて宣教した70人の弟子の一人のアダイあるいはタダイについて次のように記しています。

2014年09月21日19時04分

川口一彦氏

温故知神—福音は東方世界へ(2)紀元前のユダヤと西アジア 川口一彦

紀元前6世紀以降、地中海世界だけでなくペルシアにも離散のユダヤ人が多く住んでいました。旧約聖書エズラ記に書かれているように前538年からユダヤの諸部族が母国に帰還していきました。

2014年09月08日22時12分

川口一彦

温故知神—福音は東方世界へ(1)旧約聖書の神の民の離散 川口一彦

すべての人の人生には多かれ少なかれ諸問題が生じることは知られています。今日、イスラム圏や共産主義圏の中でキリスト者は危機や苦痛を伴う離散を余儀なくされるケースが生じ、それはキリスト者同士でも言える場合があります。

2014年08月24日16時31分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース