新・景教のたどった道(3)景教はどこから来たのか 川口一彦

2019年2月14日09時48分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦

景教はどこから来たのか

新・景教のたどった道(3)景教はどこから来たのか 川口一彦

635年に初代宣教師として中国の都・長安に宣教にやってきた阿羅本について、中国の史書『唐會要』巻49には「波斯(ペルシャ)僧阿羅本」とあり、景教碑には大秦国の阿羅本と書かれています。大秦については大秦景教宣元至本経に大秦那薩羅(ナザレ)とあり、大秦であるローマ帝国領ユダヤから来たことが分かります。

新・景教のたどった道(3)景教はどこから来たのか 川口一彦

彼らの出発地は大秦のユダヤということで、そこから東へ向かい、ペルシャ、中央アジア、中国に至りました。そこで皇帝はじめすべての人に福音を伝えました。西アジアより東方にも散らされたイスラエルの民がおり、待望していたメシアが到来した重大な知らせを告知する必要がありました。

言語は主にシリア語とソグド語、一部ペルシャ語で、文字もシリア語を使い、発見された信徒の墓石や景教碑にもふんだんにシリア語が刻まれてあります。シリア語のメシアは漢字で「弥施訶」と表記します。ギリシャ語では「キリスト」ですが、その表記は一切見られません。従って景教徒たちは西方キリスト教でないことが分かります。

ちなみにシリア語とアラム語とへブル語は語根が同じです。ギリシャ語はヨーロッパ語ですので、書き出しが英語のように左から右に書きますが、シリア語は右から左に書き出します。しかし、中国に入っては東アジアの縦文字漢字文化に倣い、縦に書くようになりました。

彼らは、聖書と賛美歌や教理書などを持参していました。聖書については旧約聖書の冊数が24とあり、新約聖書は27と景教碑には刻まれています。旧約聖書が24とあるのはイエス様も用いたユダヤ教の聖書の冊数と同じで、例えば列王記やサムエル記などのⅠとⅡ(上下)を1冊にすると24となります。

新・景教のたどった道(3)景教はどこから来たのか 川口一彦

賛美歌もシリア語から漢文にして中国で賛美していました。その一つに「景教三威蒙度讃」は洗礼式に歌ったものと考えられます。「・・・経」は聖書類、「・・・讃」は賛美歌、「・・・論」は教理書です。教理書の一神論は中国敦煌で発見され、日本に所蔵されています。

ユーラシア大陸の東西南北を結ぶ道は、昔からシルクロードといわれてきましたが、景教徒たちの宣教活動から考えますと、バイブル・メシアロードと言い換えることもできるでしょう。彼らは行く先々で福音を伝えていきました。それは、主なる神の命令である福音を世界に宣べ伝えるという使命があったからです。

<<前回へ

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング