「シルクロードと東回りの基督教」テーマに 第8回国際景教研究学術福岡大会 3月19~23日

2019年2月13日12時32分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:景教
+「シルクロードと東回りの基督教」テーマに 第8回国際景教研究学術福岡大会 3月19~23日
- 広告 -

「シルクロードと東回りの基督教」をテーマに、第8回国際景教研究学術福岡大会(日本景教研究会主催)が3月19~23日、福岡県筑紫野市の福岡国際センター教会(二日市北3-1-7、電話:080・5606・9001)で行われる。中国唐代の景教や元代のエリカオン教など、東方キリスト教について学ぶ。研究発表終了後の21日午後から23日までは、九州のキリシタン遺跡巡りを企画している。

研究発表者とテーマは次の通り。

▽「キルギスツアーの感想」湯沢英房氏(日本景教研究会実行委員、京都の東向日教会牧師)、▽「東方キリスト教の十字架の研究」金奎東氏(韓国、中国宣教師)、▽「九州のキリシタン史と遺跡」服部由愛氏(神奈川、キリシタン・遺跡研究者)、▽「モンゴルからの総主教とヨーロッパへのミッション」ブラッドフォード・ハウディシェル氏(米国、大阪の高校講師)、▽「大分県臼杵市を中心としたキリシタン遺跡について」安東邦昭氏(福岡、全国かくれキリシタン研究会会長)、▽「東方キリスト教の歴史」黄錫千氏(福岡国際センター教会、韓国宣教師)、▽「東方景教入門、東方教会史」川口一彦氏(愛知、日本景教研究会会長)。

参加費は1万2千円(会員1万円)、部分参加も歓迎。九州のキリシタン遺跡巡りは別途参加費が必要。参加の申し込みは2月末日まで。問い合わせは事務局(メール:terufusa@nike.eonet.ne.jp、ファックス:075・931・5934、電話:075・921・6484、担当:湯澤)まで。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:景教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング