救世軍、英米で最も大きなキリスト教慈善団体に

2018年1月3日20時48分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+救世軍・社会鍋
救世軍が毎年行う歳末街頭募金「社会鍋」(写真:Rama)
- 広告 -

プロテスタントのキリスト教会で、社会福祉団体でもある救世軍が、英米の両国でキリスト教慈善団体としては最も規模が大きいことが明らかになった。

英国の慈善団体に関する情報を発信する「チャリティー・ファイナンシャルズ」(英語)によると、救世軍の英国内の社会福祉部門である「救世軍トラスト」の2016年の収入は、2億900万ポンド(約319億円)で、2位のクリスチャン・エイドの1億700万ポンド(約163億円)を2倍近く上回った。また、国際部門である「救世軍国際トラスト」は5900万ポンド(約90億円)で8位だった。

この他、3位はメソジスト独立学校トラスト(1億ポンド=約152億円)、4位は英国ワールド・ビジョン(9500万ポンド=約145億円)、5位はティアファンド(7200万ポンド=約110億円)だった。また、英国の上位10位のキリスト教慈善団体の年間の収入を合計すると、5億2千万ポンド(約792億円)になった。

チャリティー・ファイナンシャルズは、「21世紀のクリスマスが世俗的な祭典のように若干感じることがあっても、英国民はまだ、キリスト教慈善団体が英国の内外で良い、役立つ働きを行う力を持っていることをかなり信じていることを、彼らの成功から気付くべきです」と指摘している。

一方、米国でも、米フォーブス誌の慈善団体トップ100(2017年版、英語)によると、救世軍は16年、寄付収入が18億8300万ドル(約2113億円)に上り、すべての慈善団体の中で4位、キリスト教系の団体としては最も額が大きかった。

しかし、同誌(英語)によると、救世軍の15年の寄付収入は19億ドル(約2132億円)で、約1パーセント減少した。さらに、15年の額も前年比で約10パーセント減っており、減少傾向が続いている。

米国のキリスト教系の慈善団体ではこの他、8位にYMCA(10億4100万ドル=約1168億円)、11位にカトリック・チャリティーズ(8億9500万ドル=約1004億円)、13位にコンパッション・インターナショナル(8億2千万ドル=約920億円)、15位にワールド・ビジョン(7億8400万ドル=約880億円)などがランクインした。

なお、同誌のランキングは、寄付収入の額に基づいており、団体全体の収入では、YMCA(71億3700万ドル=約8010億円)が、救世軍(37億3700万ドル=約4194億円)を上回っている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング