英国で「現代の奴隷制」の被害者急増、救世軍が報告

2016年8月25日19時13分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
+英国で「現代の奴隷制」の被害者急増、救世軍が報告
(写真:Ira Gelb)

英国で「現代の奴隷制」の被害者が急増している。最新の報告によれば、支援を必要とする人々が4年で約4倍に膨れ上がっている。

現代の奴隷制の被害者に対する公認の支援機関である英国の救世軍は、ここ4年間で被害者約4500人を支援したと報告している。その報告によれば、救世軍は2015年4月〜16年3月の1年間に、1331人を保護した。救世軍がこの支援活動を始めた11年は378人だった。

被害者の多くは、洗車場やネイルバー、農場で働いており、私道の舗装を強制されたり、子守をさせられたりし、しばしば性的搾取にも遭っている。

保護された人の約3分の2は女性だった。またトランスジェンダーの人も6人いた。保護された人の4割強は性的搾取の被害者で、労働搾取の被害者はその数を少し下回る。そして1割強が家庭での強制労働をさせられていた。

大多数の被害者はアルバニア出身だった。ポーランド、ナイジェリア、ベトナムから搾取のため買われてきた人々も多くいた。また、英国各地から買われてきた英国人も多くいたという。

救世軍で人身売買と現代の奴隷制の問題を担当しているアン・リード少佐(牧師)は、「奴隷制や人身売買問題と闘う救世軍の姿勢は、150年以上前にロンドンのイーストエンドで私たちが活動を始めたときと同様に強固なものがあります」と言う。「今日、奴隷制反対に向けての闘いは、必要と財源がある限り、救世軍が活動する127カ国で続けられています。英国ではこの1年、現代の奴隷制の被害者に対する支援要求が増加し続けています。現代の奴隷制被害者への支援とパートナー組織との協力を通して、私たちは、イングランドとウェールズで増え続ける救世軍に付託されてくる人々への支援に力を注いでいます」

リード氏は、現代の奴隷制と闘うには、社会全体による継続的で協力的な努力が必要だと言う。「日常生活の場で、例えば、信じられないぐらい安い価格で提供されているネイルバーや洗車場で遭遇する怪しげな活動に対し、目を注ぎ、耳を傾け続ける人たちが必要なのです。公的機関、第一線で働く人たち、政府、NGO、そして重要なのは一般市民が、このような犯罪の加害者たちに打ち勝つ重要な働きを担っています。そして、今も奴隷のように扱われ、逃げられずに自分たちの意志に反して強制されている状況に追い込まれている人々の安全と最善の結果を保障しなければなりません」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース