ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(34)フランスの絵本 高津恵子

2017年3月3日09時03分 コラムニスト : 高津恵子 印刷
関連タグ:高津恵子

信州からこんにちは! ちいさな絵本やノエルです。

今回から世界の絵本を国別でご紹介したいと思います。まず最初は、当店の名前ノエルにちなんでフランスの絵本をご紹介しましょう。

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(34)フランスの絵本 高津恵子
羊毛アナトール ノエル制作

ねずみのとうさん アナトール』(1995年、童話館出版)

上のアナトールは1970年のレトロな絵本です。フランスカラーで描かれていて、さすがフランス! こじゃれている絵本です! 絵のポール・ガルトンは他に多くの知られている絵本を描いているので、また後ほどポールシリーズでご紹介したいと思います。

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(34)フランスの絵本 高津恵子

フランソワーズ・セニョーボ

1897~1961年、フランス生まれ。「子どものころからおしゃべり好きで、人形や猫を相手にお話を作っては聞かせたり、聞いてくれる人なら誰にでも、喜んで話を聞かせました・・・」

「5歳で初めて画材を手にしたときから絵を描き続け、紙がなければ壁にまで描いたものです」「戦争中も、何より絵を描くことでつらさを忘れることができました・・・」。自らこう語るほど、絵を描くことを喜びとして生涯を過ごしました。

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(34)フランスの絵本 高津恵子

ロバの子シュシュ』(2001年、徳間書店)

おおきくなったらなにになる?』(2005年、偕成社)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(34)フランスの絵本 高津恵子

信州にも、やっと春がやってきました。まだ日陰では雪が残っていますよ。

今日、土手で福寿草とオオイヌノフグリを見つけました! By はる

<<前回へ

【書籍紹介】
高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)

高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)』

クリスチャン絵本作家たちが贈る愛の言葉

目次
ありがとうと素直に言えないあなたに
居場所がないと感じているあなたに
悲しい現実に傷ついてしまったあなたに
友人と心が通わなくなってしまったあなたに
大切な人が病気になってしまったあなたに
他者の苦しみに寄り添っているあなたに
どこか満たされない日々を送っているあなたに
子育てに疲れてしまったあなたに
母になっても自分の夢をあきらめないあなたに
人生のパートナーに出会えないあなたに
大切な人へ心からの愛を伝えたいあなたに
天国と死について考えているあなたに

高津恵子

高津恵子(たかつ・けいこ)

上田女子短期大学卒業、2007年JTJ宣教神学校神学部卒業。実家のホテルで20年勤務した後、保育園勤務。佐久市社会福祉協議会ボランティアスタッフ。「ブレッシング・ホームチャーチ」メンバー。10年から絵本屋「ノエル(NOEL)」を始める。1999年受洗。著書に、最新刊「心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)」がある。

ご注文は、全国のキリスト教書店、 Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

「ノエル」のブログ
【高津恵子著書】(Amazon)
【高津恵子著書】(イーグレープ)

関連タグ:高津恵子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース