【書評】絵本屋の店主があなたに贈る12のメッセージ 高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本』

2016年3月24日15時50分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+【書評】絵本屋の店主があなたに贈る12のメッセージ 高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本』
著者の高津恵子さんは、「おとなのための絵本」をコンセプトにした小さな絵本屋「ノエル(NOEL)」(長野県佐久市)の店主で、まさに絵本のプロフェッショナルだ(写真:高津恵子さん提供)

信州は佐久市に「おとなのための絵本」をコンセプトにした小さな絵本屋「ノエル(NOEL)」がある。店主である高津恵子さん自らが集めた、新刊はもちろん、現在絶版中の古書店からの掘り出しものまで、選りすぐりの絵本約500冊が集められている。

絵本というと、子どもが読むもの、というイメージが先行するかもしれないが、高津さんは「絵本は子どもたちだけのものじゃない」と話す。まさに絵本のプロフェッショナルといえる高津さんが今月、世に出ているたくさんの絵本の中から出会ったという、素晴らしい絵本12冊を紹介する『心に寄り添うおとなの絵本』(イーグレープ)を出版した。

確かに、絵本は子どもが読むものだ。まだ文字が読めない子どもに読み聞かせるためや、文字が少し読めるようになった子どもが自分の力で読むための配慮がなされている。漢字が読めるようになれば、読書が好きな子どもは、どんどん文字の細かな本に挑戦するようになるし、読書が好きでないという子どもは、とうの昔に絵本を開かなくなっている。

そうするうちに、気付けば絵本が、幼い頃の記憶の中の思い出の一つになってしまった。あなたもそんな「おとな」の一人ではないだろうか。

もしかすれば、思い出の中にも絵本は登場しない、という大人も多いのかもしれない。ひざの上に抱っこして絵本を読んでくれるお父さん、寝入るまでベッドで一緒に横になって絵本を読んでくれるお母さん・・・理想的な温かい家族のイメージに絵本はつきものだが、現実では必ずしもよく見られる光景とはいえないようだ。

高津さんは「絵本の持つ不思議な力、そこに深い神様の処方箋のような力を感じる」というが、確かに絵本を開くと、なぜか印象深く胸に入り込んでくる文章と、心が優しく楽しくなるような挿絵の持つ大きな力を感じる。実際、世に出回る絵本の出版元を見ると、いのちのことば社、女子パウロ会、福音館書店・・・と、圧倒的にキリスト教関係が多い。クリスチャンが意識している以上に絵本とキリスト教のつながりが深いことを覚えると、その力は、絵本を通して私たちに語り掛ける聖書の神からきているような気がする。

感謝する心、愛する心、命の大切さ、死んだ後のこと―大の大人でも説明の難しいことを、絵本は教えてくれる。傷ついたときの慰め、気落ちしたときの励まし、絶望の時の希望を、絵本は与えてくれる。それは子どもたちの豊かな成長を助けてくれると同時に、他人の声や、聖書の言葉に耳を貸せないような状況に陥っている大人をも救い出してくれるだろう。

【書評】絵本屋の店主があなたに贈る12のメッセージ 高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本』
「絵本屋の店主として、一度は本を作る側になってみたかった」という高津さんの著書も、ノエルの一角でその存在感を放っている。(写真:高津恵子さん提供)

居場所がないと感じる、友人とうまくいかない、大切な人が病気になった、どこか満たされない。本書で紹介される絵本も、そうそう甘くない現実で頑張る大人たちへ、クリスチャン絵本作家たちが贈る愛の言葉で溢れている。絵本の紹介とともに、高津さん自身が実際に体験したエピソードがふんだんに盛り込まれている。現実を忘れるためにおとぎ話に逃げるというのではなく、現実に立ち向かう力が湧いてくる1冊だ。

ああ、今の自分に必要なのは、1冊の絵本かもしれない―そう思ったら、まずは『心に寄り添うおとなの絵本』を手に取ってみてほしい。近所の本屋に足を運んでも、絵本コーナーはわずかなスペースしか設けられていないことがほとんどだ。しかし、小さな絵本屋といっても500冊の取りそろえがあることからも分かる通り、絵本の世界は広く、奥深い。この本を開けば、12冊の絵本があなたの道案内となってくれるに違いない。

高津恵子著『心に寄り添うおとなの絵本』3月7日、イーグレープ、定価1600円(税抜)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

神学書を読む(49)『人類の起源、宗教の誕生』 学術的異種格闘技の妙!アカデミック版「アベンジャーズ」がここに!

キリスト教書店大賞に『わたしはよろこんで歳をとりたい』 老神学者が写真と共につづる「老い」

神学書を読む(48)石川明人著『キリスト教と日本人―宣教史から信仰の本質を問う』

キリスト教と映画をつなぐ画期的な一冊がついに! 『銀幕(スクリーン)の中のキリスト教』

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース