塩谷牧師の絵本『ひとりぼっちのオルガン』 銀座・教文館で原画展開催中

2015年6月9日18時28分 印刷
関連タグ:塩谷直也教文館
+塩谷牧師の絵本『ひとりぼっちのオルガン』 銀座・教文館で原画展開催中
絵本『ひとりぼっちのオルガン』の原画展は、今年3月に大阪でも開催されたが、今回はその時よりも2作品追加して展示している。(写真:メディカ出版提供)

今年1月に刊行された青山学院大学法学部教授で同大宗教主任の塩谷直也牧師による絵本『ひとりぼっちのオルガン』の原画展が、東京・銀座の教文館3階ギャラリー・ステラ(中央区銀座4−5–1)で開かれている。6月21日(土)まで。入場無料。

絵本『ひとりぼっちのオルガン』は、子どもから大人まで心が疲れたときに元気をくれるビジュアルエッセイ。絵は、関西を中心に活動する気鋭のイラストレーター、イタクラヨウイチさんによる。イマジネーションを膨らませる独特なタッチが特徴的で、今回の原画展でも、生き生きとした人間の表情、かわいく表情豊かに描かれた動物たちなど、ぬくもりあふれるイタクラヨウイチさんの世界を味わえ、文字が載ったものとはまた違った雰囲気の原画を見ることができる。

イタクラヨウイチさんは、兵庫県西宮市出身。1997年に大阪芸術大学デザイン学科を卒業後、2011年にイラストレーターの登竜門である第12回インターナショナル・イラストレーション・コンペティションで翔泳社賞を受賞するなど、多くの賞を受賞している。主にペインターを使ってデジタルペイント作品を制作しているが、最近ではCGで出力した背景の上に手書きを加える作品も制作している。

塩谷直也牧師の絵本『ひとりぼっちのオルガン』 銀座・教文館で原画展開催中
会場はイラストと一緒に絵本に出てくる動物も飾られ、かわいらしい展示場となっている。(写真:メディカ出版提供)

塩谷牧師は、「彼の絵は僕の考えていた世界観とは全く違う独特な世界観だった」と言い、自分にはないものを持つイタクラヨウイチさんにあえて絵を頼んだのだと、刊行の際に話している。今回の原画展では、24点のイラストが展示され、絵本だけではなくポストカードも1枚150円(税別)で販売されている。

午前10時から午後8時まで(日曜日は午後1時~午後8時)。問い合わせは、教文館キリスト教書部(電話:03・3561・8448、ホームページ)まで。

関連タグ:塩谷直也教文館

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース