聖書を楽しんで体験 絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』発売

2015年2月11日17時03分 記者 : 坂本直子 印刷
+聖書の物語を楽しんで体験 絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』発売
2月1日に発売された未就学児でも聖書の物語を楽しみながら体験できる絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』(写真:日本聖書協会提供)

未就学の幼児でも聖書の物語を楽しみながら体験できる絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』が1日、日本聖書協会から刊行された。絵は、子ども向けの本500冊以上でイラストを手掛けてきた英国の女性イラストレーター、ギル・ガイルさんが描いており、細密に描かれた絵は大人でも見応え十分。巻末には、各ページのストーリーについて、分かりかりやすい説明も掲載されている。

同協会によると、海外の絵本は絵が独特で、これまで日本の子どもにはあまりなじまなかったが、最近では抵抗なく受け入れられるようになってきているという。今回刊行された絵本も、コラージュされたブルーが印象的な表紙で、思わず手に取ってみたくなる。

大判の24ページ立てで、聖書の代表的なストーリーとして、「せかいの はじまり」(創世記1〜3章)から「ふっかつして てんに のぼる イエスさま」(マルコ16、ヨハネ20、使徒1)まで、10の物語が収録されている。各ページには、それぞれの物語に関係する人や動物などが色鮮やかに細かく散りばめられ、枠外に描かれた絵と同じものを探すという、実際に子どもが体験できる仕組みになっている。

聖書の物語を楽しんで体験 絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』発売
各ページには、それぞれの物語に関係する人や動物などが色鮮やかに細かく散りばめられ、枠外に描かれた絵と同じものを探すという、実際に子どもが体験できる仕組みになっている。(写真:日本聖書協会提供)

巻末の各ストーリーについての説明は、新共同訳聖書に準拠。欧米の絵本は、読み聞かせる大人が、すでに聖書の内容を知っていることが前提となって作られていることから、こういった説明は必要がない。しかし、有名な聖書のシーンをテーマに抜き出してはいるものの、欧米に比べまだ聖書になじみが薄い日本では、こうした各シーンの説明を掲載するといった配慮が必要になるという。

同協会は、「この絵本で、聖書の時代にタイムスリップした気持ちになってもらい、生き生きした聖書の世界に親しんでもらうことができれば」「文字が身についていないうちから聖書の世界に親しんでもらいたい」などと話している。

また同協会は、幅広い年代に聖書の御言葉を届けることを使命としているが、まだ十分には行き届いていない現状があるといい、今回の『よくみてさがそう せいしょえほん』は、「よいタイミングに出版できた」と考えているという。

聖書の物語を楽しんで体験 絵本『よくみてさがそう せいしょえほん』発売
巻末には、新共同訳聖書に準拠した各ストーリーの説明が収録されている。(写真:日本聖書協会提供)

なお、同協会ではこれまで、文字がすでに読める子どもを対象に、月に1巻のペースで『みんなの聖書・絵本シリーズ』を刊行してきた。3年かけて全36巻が完成し、旧・新約聖書の全ストーリーが、分かりやすい言葉で色彩豊かに描かれ、聖書の世界が実感できる絵本に仕上がっている。こちらも併せて読んでほしい。

『よくみてさがそう せいしょえほん』(税抜1400円)は、同協会のオンラインショップアマゾンなどで購入できるほか、全国のキリスト教書店、一般大型書店で購入できる。問い合わせは、日本聖書協会(電話:03・3567・1987、月~金午前9時~午後5時)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

神学書を読む(49)『人類の起源、宗教の誕生』 学術的異種格闘技の妙!アカデミック版「アベンジャーズ」がここに!

キリスト教書店大賞に『わたしはよろこんで歳をとりたい』 老神学者が写真と共につづる「老い」

神学書を読む(48)石川明人著『キリスト教と日本人―宣教史から信仰の本質を問う』

キリスト教と映画をつなぐ画期的な一冊がついに! 『銀幕(スクリーン)の中のキリスト教』

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース