救い主に焦点を合わせて信じよう 万代栄嗣

2014年10月15日12時43分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

また、イエスは大声で言われた。「わたしを信じる者は、わたしではなく、わたしを遣わした方を信じるのです。また、わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのです。わたしは光として世に来ました。わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。だれかが、わたしの言うことを聞いてそれを守らなくても、わたしはその人をさばきません。わたしは世をさばくために来たのではなく、世を救うために来たからです。(ヨハネの福音書12:44~47)

去る1週間、私はインドネシアで神学校の講義をしてきました。インドネシアは世界一イスラム教徒が多い国ですが1980年代からリバイバルが起こり、熱心なインドネシア人の神学生が学んでいます。彼らは、宣教のビジョンのためならいつでも、どこへでも行くと言います。日本の社会では、衣食住から仕事や健康に至るまでさまざまな心配事で頭がいっぱいです。しかし、クリスチャンは、「神の国とその義とを第一に求めなさい。そうすればこれに加えてすべてのものは与えられる」というお約束の通り、恵みの神が、私たちの人生を導いて下さるのです。イエスが共におられ守られている者として、心を広げて、おおらかに、のびやかに歩んでいきましょう。

今まで、ヨハネの福音書でイエスがなさった7つの御業を通して、どのようにイエスを信じるかの秘訣を学んできました。それに加えて、イエスの最大の御業は、十字架の死によってイエスを信じる者に神の子どもとなる特権を与えて下さったという事実です。ここでは、あいまいな信仰ではなく、救い主イエスに焦点を合わせた信仰について学びましょう。

1. キリスト教は明確な信仰

日本では、クリスチャンでも熱心だとみんなに心配されますが、根拠のない占いやパワースポットは大好き。それこそ悪霊の巣窟で危ないのですから注意してください。日本人はわけの分からないあいまいな信心をよしとする傾向にあります。それとは正反対に、イエス・キリストを救い主と信じる私たちの信仰は、ただ一人の救い主に焦点を合わせた、創造主であるまことの神を信じる明確な信仰なのです。

2. 光の世界にとどまる者となる

ヨハネの福音書でイエスは、イエスご自身やご自身がおられる霊的空間を何度も「光」と表現していますが、「光」とは対照的な「闇」の世界もあります。凶悪な犯罪に見るような明確な闇だけでなく、私たち自身の心の中にも誰にも知られたくない「闇」の世界がありませんか。他人を恨み憎み、自分を愛せないという、闇を背負ったままでは、決して幸せにはなれません。「闇」の中にとどまらないように、イエスの「光」で心をコントロールしていただきましょう。「光」の中にとどまり続けることを祈り、人を愛しゆるすこと、自分の人生を喜ぶこと、感謝すること、よいことをどんどん行なっていこうではありませんか。

3. イエスは世を救うために来られた

神の御子イエスが来て下さった第一の目的は、世を救うことです(47節)。イエスが救い主として世に来て下さった事実を私たちの魂に受け入れようではありませんか。分かっている、知っているというだけではなく、事実にしなければ、自分のものにはならないのです。日本には、「さわらぬ神に祟(たた)りなし」ということわざがありますが、それとは正反対に、イエスは世を救うために来られたのです。そして今も私たちの心に宿って下さっています。このことを聖書の中の事実だけに終わらせるのではなく、私たちの心の事実として確認していきたいのです。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース