信仰のプロセスで神の恵みを体験しよう 万代栄嗣

2014年10月8日10時41分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

・・・アラムはかつて略奪に出たとき、イスラエルの地から、ひとりの若い娘を捕えて来ていた。彼女はナアマンの妻に仕えていたが、その女主人に言った。「もし、ご主人さまがサマリヤにいる預言者のところに行かれたら、きっと、あの方がご主人さまのらい病を直してくださるでしょうに。」・・・そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。(第二列王記5章1節~14節)

信仰の世界では、自分が信仰を働かせなければ何も始まりません。今回の箇所は、アラム(現在のシリアのあたりでイスラエルの北)の将軍のナアマンの物語。彼は勇士でしたが、らい病でした。ナアマンの妻に仕えていたイスラエルの少女が「神の人エリシャのところに行けば直る」と伝えたことから始まるこの物語から、信仰を働かせる秘訣を学びます。

1. 神様からの恵みの物語を歩む

この物語の最初に出てくる少女は、イスラエルから捕らえられてきて奴隷とされていたのですから、悲惨な背景があったはずです。しかし彼女の心が、その中ですさみきってしまわず、信仰の告白をしたことが重要です。その少女がナアマンの妻に仕えていなければ、この癒やしはなかったでしょう。少女の言葉を妻から聞いたナアマンは、王の紹介状と金銀財宝を持って出かけます。イスラエルの王は、アラムの王に難癖を付けられたと恐れますが、預言者エリシャはナアマンにヨルダン川に7度身を浸すよう指示を出します。無礼な態度と指示に怒り、戻ろうとするナアマンを部下が静め、エリシャの言葉通りにしたときに神の御業が起こりました。神の御業が現わされる前には、様々な物語が展開しているのです。私たちは、短絡的、御利益的に恵みを求め、御業が現れる前にある恵みの物語を見逃しがちです。しかし、私たちの毎日には、大きくなくても積み重ねるべき信仰の物語があることを喜びましょう。

2. 人の手続きではなく神の方法

ナアマンはエリシャのところへ行くとき、王様に紹介状を書いてもらい、高価な手土産を持って人としての十分な準備をしました。それは、人としてのお付き合いの中では常識かもしれません。しかし、信仰の世界では、人の手続きで済ませるか、それとも神の方法を行うかが問われています。ナアマンに言われた神の方法は簡単でした。「ヨルダン川へ行って7回身を洗いなさい」。難行苦行なら納得したかも知れないが、簡単すぎてナアマンにはバカバカしく感じられたのです。けれど神の方法はシンプルなものです。常識的にはこうであると考える、人としての手続きや準備で納得して終わってしまい、神からのお声、方法を見落としてはいませんか? 単純な信仰生活を見直して、神に聞いて従うこと、これが信仰の基本です。

3. 与えられた約束をやり遂げる

しもべらの説得によりナアマンはヨルダン川で身を清めました。それも神が言われた通り7回。7回目、水から上がった彼の体は幼子のようになり清められました。3回4回でもない7回目に癒やされたのです。神には神の時がありますから、自分の判断で諦めたり投げ出したりせず、神がもう良いと言われて恵みをいただくまで信仰を働かせ続け、最後までやり抜くことです。7は神のタイミングを表わす数字として聖書に何度も出てきます。神との間では、神の時が満ちるまで、信仰を働かせ続けましょう。

聖書は、私たちの人生の中で作用する神の言葉として書かれています。聖書のとおりに神は今も働いてくださいます。この秋、信仰による大きな実りをいただきましょう。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月9日午後11時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,538
(+568)
1,502,618
死者数 108
(+3)
89,733
回復者数 685
(+53)
337,074
<出典> 日本:JX通信社、世界:John Hopkins CSSE
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース