【3.11特集】震災3年目の祈り(15):福島を「忘れない」から「思い続ける」へ~南相馬市でボランティアを受け入れる、カリタス原町ベース

2014年4月4日15時25分 記者 : 佐藤憲一 印刷
+【3.11特集】震災3年目の祈り(15):福島を「忘れない」ではなく「思い続ける」~南相馬市でボランティアを求める、カリタス原町ベース
カリタス原町ベースの食堂で昼食。この日は3人のシスターと3人のボランティアが集まっていた。

福島駅からバスで約2時間、南相馬市の原町駅前に着く。目の前のJR常磐線・原ノ町駅は開業しているが、そこから南下する路線は今なお運休中。沿岸部の津波被害と放射能リスクのためだ。南相馬市は福島第一原発から20~30km圏内にある。

駅前の落ち着いた街並みを歩く限り、報道で聞いた厳しい現状は実感できない。しかし、「この辺りだけを見て、復旧したねとおっしゃる人もいますが、沿岸部には傾いた家や横転した車がたくさん放置されています」。カリタス原町ベース長の畠中千秋さんはそう言う。

「いらした方々には、ぜひそちらも見ていってくださいとお伝えしています。何も終息などしていないし、『アンダー・コントロール』という状況ではないことが理解いただけると思います。やはりその場所に行き、自らの目で見ないと分かりません」。東京電力の電気を使っている都会の人には、特に見てほしいと言う。

【3.11特集】震災3年目の祈り(3):フクシマが乗り越えてきた三重苦―南相馬市・浪江町<写真編>
【3.11特集】震災3年目の祈り(4):フクシマが乗り越えてきた三重苦―南相馬市・浪江町<写真編>

畠中さんはカトリックのシスター。修道服を作業服に着替えてボランティア拠点の運営を担う。大阪育ちで、中学の英語教師を経てシスターに。阪神淡路大震災で実家の全壊も経験した畠中さんは、強い思いを抱いて3・11直後から福島に入り、支援活動を続けている。全国からやって来るボランティアの受け入れが主なミッションだ。

「ただ、ここには放射能のリスクがありますから、どうしてもほかの被災地とは異なる意識が求められます。放射能数値については毎日チェックし、今はほぼ安定していますが、安全が保障されているとは言い切れません。といって、危険だとも言えません」。来る人それぞれの判断が基本になる。

■ 自給自足できる土壌と文化は失われて

屋外作業の主な現場は、原発に近い浪江町と南相馬市の一部。そこは今も夜間の滞在が禁止されている居住制限区域だ(午後4時~午前9時は立入禁止)。依頼を受けて、3年以上放置されている住宅内の片付け、家具家電の搬出、庭や畑の草刈り、木や竹の伐採などを行っている。

主に女性にお願いするボランティアの働きには、仮設集会所での傾聴、カフェや手芸の補助、野菜の配布などがあり、原町ベースから人を派遣している。集会所では餅つき大会などのイベントも開催され、それらの手伝いをする。南相馬市内だけで仮設住宅は30カ所。借上げ住宅も含めれば1万人近い避難者がいる。

【3.11特集】震災3年目の祈り(15):福島を「忘れない」ではなく「思い続ける」~南相馬市でボランティアを求める、カリタス原町ベース
南相馬市の地図には、数多くの仮設住宅が表示されている。

「仮設住宅に住む方々の気持ちが沈まないように、引きこもらないように、集会所に誘って、楽しみを持っていただけるようにしています。寄り添いのボランティアとして、一緒にお茶を飲んでお話をするだけでもいいのです」と畠中さん。被災者の中には、うつ病に苦しむ人もいる。

ほかの被災地でも耳にしたことだが、パチンコ店が繁盛している。パチンコにはまり、依存に陥る人が多い。津波と原発災害で仕事を失った人が多いためでもあり、「パチンコに行かざるを得ない状況に寄り添う」ことも必要だという。

「仕事を選ばなければ、建築関係や除染作業などの働き口はありますが、農業や漁業に生きがいを持って励んできた人にとっては・・・」と畠中さん。山菜採りに行けなくなったと悲しむ人もいる。「この辺りでは農家でなくても自分の畑で自給自足できて、野菜を買わないですむ家が多かったのですが」。地域の土壌と文化は、壊されてしまった。

■ いつでも、どなたでも、ボランティア歓迎

ボランティア希望者は事前に問い合わせてから来るのが原則だが、「連絡なしで突然訪ねてくる人もいます。それでも仕事はたくさんありますし、原町ベースの2階に男女別の宿泊設備を用意してあるので、いつでもどなたでも歓迎しています」。これまでに200人以上が原町ベースを通じてボランティアに従事してきた。

カリタスジャパンは、社会福祉活動と災害援助を行うカトリックの団体で、東北の被災地各所にベースを設けている。ギリシア語「アガペー」(無償の愛)のラテン語訳が「カリタス」だ。

【3.11特集】震災3年目の祈り(15):福島を「忘れない」ではなく「思い続ける」~南相馬市でボランティアを求める、カリタス原町ベース
仮設住宅で野菜を配るボランティアの女性たち(写真:カリタス原町ベースのフェイスブックより)

カリタス原町ベースは2012年春にオープンした。閉園した保育園の建物を借り、1階に事務所、作業所、食堂がある。近隣の修道会から手伝いに通って来るシスターたちの手による温かく美味しい昼食を、記者もごちそうになった。

取材で訪ねたこの日は、東京から女性2人、男性1人の大学生チームが泊りがけで来ていて、屋外作業に出ているとのこと。作業メニューはその日によって異なるが、専任のボランティアリーダーの指示で安全を図りつつ行われる。夕方に作業を終えると、車で近くの天然温泉に立ち寄って汗を流し、疲れを癒やすという。

夫婦でボランティアに通っている、栗村文夫さんと桂子さんにお話をうかがった。文夫さんは親の代からのカトリック。桂子さんは夫とともに日曜礼拝に通いながら、信仰を持つことについてはまだ決めていない。

文夫さんの実家は南相馬市にあるが、「事故が起こるまで、原発についてまったく興味も知識もありませんでした。教えられていた『安全神話』を信じ切っていましたから」と言う。桂子さんも「安全だというPRばかりでしたからね」。文夫さんは「知れば知るほど、なんでこんなことやってたんだと・・・」そう不信を募らせる。

3・11の震災の時、文夫さんは仕事で神奈川に、桂子さんは出身地の岡山にいた。投稿サイトのツイッターを通して震災や原発の情報をやりとりして知り合い、2012年夏の東京での原発反対デモで初めて出会った。そして昨年結婚。いわゆる「震災婚」だ。「いや、『原発婚』かな」と文夫さん。「東電に感謝するわけにはいきませんが」と苦笑する。

今は南相馬市に移り住み、文夫さんは原町ベースのフェイスブック担当ボランティアとして情報発信している。看護師の桂子さんは自ら提案して集会所でアートセラピーの集いを始めた。自由に絵を描いてもらい、感想を述べ合う。「何を描いてもいいですからと誘うと、たいていの人は楽しんでくれます」。何を表現したの? と尋ね、色や構図をほめる。「絵を介してコミュニケーションが活発になる」と言う。

■ 「福島は人が足りないから来た」「来るべきだと」

あらゆる作業に通じたベテランのボランティア、山岡滋さんにもお話をうかがった。カトリック信徒の山岡さんは、自宅のある神奈川から福島に毎週のように通って来ている。岩手や宮城にも支援に出向いたというが、「福島は人が足りないから来ています」。若い人たちに対して、放射能はもう安全だとは言えない。「だから、年配の自分が来るべきだと思いました」と決意を語ってくれた。

シスターの畠中さんは原発について「無知だったという痛みがあります」と打ち明ける。「公立学校の教師だった時、私は夏休みの登校日に平和教育をしていました。原子爆弾は悪い利用、原子力発電は良い利用と、生徒たちに教えたのです。政府の話を鵜呑みにし、安全性についても核廃棄物についても、何の疑問も持たなかった」

その苦い体験を思い起こして「福島で懸命に関わろう」と思った。いま自分の働く場所は「ここしかない」畠中さんはそう確信している。そして、一人でも多くのボランティアの来訪を求めて訴えている。「東北を、福島を、『忘れない』ではなく、『思い続ける』。そのことが、大切なのではないでしょうか」(続く:野菜の無償配布で「3年目の孤独死」を防ぐ~「福島やさい畑」代表の柳沼千賀子さん

■ 福島県南相馬市・カリタス原町ベース(ボランティア情報)
http://www.jlmm.net/ctvc/01/02-2/haramachi

カリタス原町ベースの作業所で。左がシスターでベース長の畠中千秋さん

■【3.11特集】震災3年目の祈り:
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(最終回)

※「震災3年目の祈り」と題して、シリーズで東北の今をお伝えしています。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース