移民

教皇、16日にギリシャ訪問へ 難民問題で正教会コンスタンディヌーポリ総主教と大統領の招待受け

教皇、16日にギリシャ訪問へ 難民問題で正教会コンスタンディヌーポリ総主教と大統領の招待受け

教皇フランシスコは16日、ヨーロッパの難民危機の最前線にいる人々のための支援と連帯を示すため、ギリシャのレスボス島を訪問する。東方正教会コンスタンディヌーポリ全地総主教と、ギリシャ正教会首座主教のイエロニモス2世と共に同島の難民と会う。

2016年04月11日15時28分

ローマ教皇とコンスタンディヌーポリ全地総主教、難民問題でギリシャ訪問か ギリシャ正教会大主教も

ローマ教皇とコンスタンディヌーポリ全地総主教、難民問題でギリシャ訪問か ギリシャ正教会大主教も

東方正教会コンスタンディヌーポリ全地総主教庁は5日、ローマ教皇フランシスコと東方正教会コンスタンディヌーポリ全地総主教、そしてギリシャ正教会の首座主教でアテネおよび全ギリシャ大主教のイエロニモス2世が、ギリシャのレスボス島を近いうちに訪問すると発表した。

2016年04月06日20時57分

ギリシャ正教会の大主教、難民のための責任分担をEUに強く要求

ギリシャ正教会の大主教、難民のための責任分担をEUに強く要求

ギリシャの国民は何年もの経済危機で疲れ果てており、同国の正教会の最高指導者は欧州連合(EU)に対し、受け入れている難民の数を制限するという決定を考え直すよう嘆願している。世界教会協議会(WCC)が3月31日、公式サイトで伝えた。

2016年04月01日20時41分

漫画「メサイア」をシリア難民へ! 新生宣教団の働き

漫画「メサイア」をシリア難民へ! 新生宣教団の働き

イエスの生涯を日本の代表的な文化の一つである漫画という形で表した『マンガメサイア』。2006年に英語版が出版されて以来、すでに約33言語に翻訳されている。『マンガメサイア』を出版している新生宣教団のチェアマン、ロアルド・リーダルさんに話を聞いた。

2016年03月24日16時51分

ドイツ当局がキリスト教徒の難民への虐待を無視していると迫害監視団体が指摘

ドイツ当局がキリスト教徒の難民への虐待を無視していると迫害監視団体が指摘

ドイツは2015年、110万人の難民を受け入れた。難民センターでの暴力についての記事は無数にあるが、オープン・ドアーズによると、地域当局は、宗教の違いがキャンプでの緊張を高めていることについて、知ることを拒んでいるという。

2016年03月23日18時54分

ギリシャ正教会の司祭が設立した団体、難民を助けて欧州議会から受賞

ギリシャ正教会の司祭が設立した団体、難民を助けて欧州議会から受賞

ギリシャのレスボス島は、紛争を逃れてくる難民や移民にとって、ヨーロッパで最初の上陸地点である。彼らの多くは、より良い暮らしを求めて、危険な地中海をものともせず、密輸業者に頼っている。

2016年03月14日23時56分

シリア難民、イタリアに到着 キリスト教団体の支援プロジェクトで

シリア難民、イタリアに到着 キリスト教団体の支援プロジェクトで

「彼らはほとんど何も持たずに、恐怖と希望に満ちて到着しました」と、パオロ・ナソ博士は、2月29日にベイルートから来た飛行機から、93人のシリアからの移住者―うち41人は子どもたち―が降りるのを見つめながら話した。

2016年03月12日20時56分

難民を擁護したことに対して人種差別的暴言と殺害予告を受けた司祭が辞職

難民擁護し人種差別的暴言と殺害予告受けた司祭が辞職 ドイツ

ドイツ南部で、殺害予告と人種差別的な暴言を受けたカトリックの司祭が辞職した。辞職に至った経緯は、ンドジンビ・ツシエンデ司祭と保守派の地域政党キリスト教社会同盟(CSU)所属の政治家2人との間の緊張が頂点に達したことだ。

2016年03月09日23時33分

入管収容とは? チャーター機大量強制送還はどのように行われたか 難キ連がセミナー

入管収容とは? チャーター機大量強制送還はどのように行われたか 難キ連がセミナー

日本の入国管理局(入管)における収容問題について意見交換をしようと、難民・移住労働者問題キリスト教連絡会(難キ連)は2月27日、東京都千代田区のカトリック女子修道会・幼きイエス会(ニコラ・バレ)でセミナーを開催した。

2016年03月08日17時08分

英国国教会とスコットランド国教会、歴史的な合意により接近

キリスト教宣教としてシリア難民の受け入れを推奨 英国

英国政府の再定住計画が進んでいることを受け、英国中の教区において、キリスト教徒はシリア難民を泊めることでキリスト教の「宣教」に参加するよう勧められている。

2016年03月05日22時27分

難民の心の問題にどう取り組むべきか 多文化外来の精神科医が講演

難民の心の問題にどう取り組むべきか 多文化外来の精神科医が講演

難民の「心の問題」をどのように理解し、対応すればよいのか。日本福音ルーテル社団は2月20日、なんみんフォーラム(FRJ)と共催し、講演会「難民と精神障害」をJELAミッションセンター(東京都渋谷区)で開催した。

2016年03月01日18時21分

教皇「難民などの受け入れは各国が公平分担を」

教皇フランシスコは2月28日、シリアなどからヨーロッパにたどり着いた難民や移民の受け入れを各国が公平に分担すべきだと訴え、シリアでの停戦によって和平に向けた対話が実現することに期待を示した。

2016年03月01日9時57分

ISから逃れ絶望の中にいるイラク人、難民キャンプで福音を聞く

ISから逃れ絶望の中にいるイラク人、難民キャンプで福音に触れる

キリスト教宣教団体が福音を伝えている難民キャンプで信仰が起こり始めている。リーディング・ザ・ウェイはイラクの難民キャンプで活動しており、衛星放送とラジオによって毎日24時間福音を伝えている。今までに、チームは7700人と直接関わった。

2016年02月16日13時44分

わかちあいプロジェクト 神を愛し隣人を愛せ

わかちあいプロジェクト 神を愛し隣人を愛せ

日本福音ルーテル聖パウロ教会牧師であった松木傑(すぐる)氏によって設立された一般社団法人「わかちあいプロジェクト」。設立した1992年、世界に目を向けると、ソマリア内戦が激化し、飢餓問題も深刻化していた。

2016年02月12日12時40分

難民問題は「国際社会」の失敗を浮き彫りと専門家指摘

「かつて、地中海は『平和の海』と呼ばれていたが、今では『涙、恐怖、危険の湖』になっている」。世界教会協議会(WCC)が発表したところでは、ベイルートにあるアメリカン大学のタレク・ミトリ公共政策と国際関係研究所長が、ジュネーブで1月18、19の両日行われた、欧州での難民・移民危機に関する会議で語った。

2016年02月09日22時46分

国境を挟んでの聖餐式が計画される 移民の窮状を強調

国境を挟んでの聖餐式が計画される 移民の窮状を強調

米国とメキシコのキリスト教徒が、移民の窮状に注目を集めるため、国境を挟んでの聖餐式を計画した。メキシコのティフアナと米国のサンディエゴを隔てるフレンドシップ・パークで礼拝を執り行う予定だ。

2016年02月02日20時49分

WCC、政府や国連機関等と欧州難民・移民危機のハイレベル会議を開催、声明文を発表

WCC、政府や国連機関などと欧州難民・移民危機のハイレベル会議を開催 声明文を発表

世界教会協議会は1月18日から19日まで、政府や国連機関、教会や信仰に基づく団体などと共に難民・移民危機に関するハイレベル会議を開催し、難民や移民の危機に対するヨーロッパの対応における調整と協力を強化するための緊急行動の必要性を強調した。

2016年01月22日11時59分

キリスト教徒の難民、ドイツの難民キャンプで「冷酷な嫌がらせ」に直面

キリスト教徒の難民が、ドイツの難民キャンプで「冷酷な嫌がらせ」に直面していると、正教会のある主教が指摘した。ゲッツェンドルフにある聖ゲオルグ修道院長のダニイル氏は、難民キャンプに滞在しているキリスト教徒たちの境遇について明かした指導者たちの一人だ。

2016年01月18日21時26分

緊急募集! シリア難民にテントを! FUKUSHIMAいのちの水

緊急募集! シリア難民にテントを! FUKUSHIMAいのちの水

福島県郡山市にあるNPO法人「FUKUSHIMAいのちの水」では、テントを緊急募集している。現在のところ、同団体に集まっているテントは10張ほどだ。坪井永人代表は、「なんとか、20日までに50張欲しい。2便も送る予定だが、テントを最優先にして送りたい」と話す。

2015年12月09日22時20分

英ダラム主教、パリのテロ事件を受けての反イスラム感情を警告

英ダラム主教、パリのテロ事件を受けて反イスラム感情持たないよう警告

英国国教会のダラム教区主教が、パリのテロ事件への反応として反イスラム感情を持たないよう警告した。ダラム教区のポール・バトラー主教は、難民が故郷を捨てて逃げる理由となったその行動の責任を、当の難民にかぶせるときに起こる悲劇に着目した。

2015年11月19日14時29分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース