米合同メソジスト教会、難民申請者らへの支援で2億円超拠出へ

2019年11月5日14時51分 印刷
+米合同メソジスト教会、難民申請者らへの支援で2億円超拠出へ
メキシコとの国境を違法に越えて入国しようとしたとして、アリゾナ州ユマ近郊で国境警備隊に拘束された人々。まだ幼い子どもたちの姿も見られる=6月10日(写真:米税関・国境警備局=CBP / Jerry Glaser)

米国第2のプロテスタント教派である合同メソジスト教会(UMC)は、キリスト教人道支援団体「チャーチ・ワールド・サービス」(CWS)と協力し、約200万ドル(約2億1700万円)を拠出して、難民申請者など、米国への亡命を希望している人々を支援するプロジェクトを開始すると発表した。

プロジェクトには、CWS、同教会の救済委員会(UMCOR)、同教会の移民に関するミニストリーである「隣人のための国家正義」(NJFON)が参画する。

プロジェクトは、米ジョージア州アトランタで10月10〜12日に開催された同教会の国際宣教部門の理事会で承認された。CWSには助成金82万ドル(約8900万円)、NJFONには助成金約103万ドル(約1億1200万円)が拠出される。

UMCORの会長で、同教会ニューヨーク地区の監督を務めるトーマス・J・ビッカートン氏は、合同メソジスト・ニュース(英語)のインタビューで次のように述べた。

「多くの方々が自然災害や致命的な病気、迫害などの困難のただ中に置かれている昨今、私ども合同メソジスト救済委員会は、私どもの働きを必要とするすべての方々のために使命を果たすべく、責任の重さを感じています」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース