ドイツ保守政党がキリスト教重視の移民政策打ち出す

2016年9月12日23時55分 印刷

【CJC】ドイツ南部バイエルン州を支持基盤とする保守政党「キリスト教社会同盟」(CSU)が、移民政策を厳格化して欧州の「西洋キリスト教文化圏」からの移民を有利にする政策を打ち出している。AFP通信が報じた。CSUはアンゲラ・メルケル首相が党首を務めるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党。

CSUは、党の政策文書のなかで、イスラム教徒の女性が着用する顔を覆うベールの禁止、二重国籍の廃止、新着移民に対する地域社会との融合とドイツ語学習の義務付け、亡命希望者受け入れの上限を年間20万人とすることなどを求める方針を示した。

CSUは、欧州連合(EU)最大の経済大国として昨年1年間に亡命希望者100万人を受け入れたメルケル首相の進歩的な姿勢を痛烈に批判してきた。

ドイツ北東部メクレンブルク・フォアポンメルン州で4日に投開票された州議会選挙では、反移民を掲げる右派ポピュリスト政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が得票率でメルケル首相のCDUを上回った。長期にわたって高い水準にあったメルケル首相の支持率は、寛容な移民対応をめぐって急落している。

メクレンブルク・フォアポンメルン州での選挙結果を受け、メルケル首相は7日、AfDの反イスラムの主張に抵抗するよう全政党に呼び掛けた。それにもかかわらず、カトリック教徒が多いバイエルン州を基盤とするCSUは、政策文書の中で「ドイツはドイツのままであるべきだ」「移民や難民を大量に受け入れて国が変化することに反対する」などとしている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース