ブレス・ユア・ホーム

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(63)福音宣教のグローバル化 広田信也

数年前まで、グローバル化の弊害を唱える人はそれほどいなかった。しかし昨今、大手IT企業の影響力が際立つにつれ、それぞれの地域の主体性を生かした現場の働きが難しくなってきた。

2019年02月09日9時40分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(62)「死」の陰から希望のメッセージ 広田信也

高齢化社会を迎え、病院や介護施設はどこも高齢者で込み合っている。少しでも健康に生活したいと誰もが願い、さまざまな医療、看護、介護の仕組みがそのニーズに応えている。確かに、社会保障制度が充実し、寿命が延びることはいいことだ。

2019年01月26日20時04分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(61)「死」の暗闇に寄り添う 広田信也

2019年は、米中貿易摩擦の長期化を懸念する不安な幕開けとなった。今年もさまざまな社会の仕組みが変わることだろう。貧富の差が一層拡大し、貧しい人々の暗闇が増すことのないよう心より願っている。

2019年01月12日9時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(60)ブラック企業に見えてはいけない 広田信也

自動車の排気ガスクリーン化のため、30年以上の歳月をかけ、心血を注いで勤務してきた私は、今から7年ほど前、お世話になった会社を定年退職した。神様は国内宣教師としての新たな道を示された。

2018年12月29日20時15分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(59)クリスチャンではありませんが・・・ 広田信也

この3年ほど、多くの方からキリスト教葬儀の司式を依頼され、全国の牧師先生と協力しながら対応させていただいた。葬儀に当たり、身近に頼れる牧師がいない遺族の皆さんに、心を込めて寄り添う道が開かれていった。

2018年12月17日23時06分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(58)「孤独死」への備え 広田信也

終活という言葉は、2009年ごろに週刊誌で初めて使われた新しい用語で、まだ10年もたっていない。しかし、高齢化が急速に進む中、世間一般に急速に広まり、今では日常的に使われるようになった。

2018年12月01日7時16分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(57)ゆりかごから墓場まで 広田信也

「ゆりかごから墓場まで」という言葉で形容される社会保障制度は、第二次大戦後に欧州から導入され、今では多くの仕組みに発展し、私たちの生活にとって必要不可欠なものになっている。

2018年11月17日12時51分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(56)今後、墓はどうなるのか? 広田信也

高齢化、核家族化が急速に進む日本社会では、今後の墓の在り方をめぐる課題が浮き彫りになってきている。明治以降、一般的に建てられてきた「〇〇家の墓」は、家族・親族が墓を守っていくことが前提になっていた。

2018年11月03日8時13分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(55)すべての人が使えるキリスト教の墓 広田信也

以前、当社の働きを紹介するHPの片隅に、墓の相談を受け付ける旨の記載があった。墓事情にそれほど詳しいわけではないが、葬儀相談に付随してさまざまな相談を受け付ける中の一つだった。

2018年10月20日20時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(54)「信じる(信仰を持つ)」とは? 広田信也

この世界は、神様の恵みが満ち溢れているが、その恵みを受け取るため、神様は人に「信仰」という賜物を与えてくださった。聖書には、「人は信仰によって救われる」と一貫して記されている。「信仰」は、人が人生の中で受け取るべき、祝福の扉のようなものだ。

2018年10月06日19時40分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(53)王道を歩みたい 広田信也

日本宣教に効果的なアイデアはたくさんある。やってみればそれぞれが成果を生み、宣教はある程度拡大するだろう。しかし、日本文化に影響を与え、多くの日本人がキリストの福音に触れるための基盤となるアイデアはそれほど多くない。

2018年08月24日19時51分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(52)信仰と宗教と自己研さん 広田信也

先月、地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件に関与して殺人罪などに問われ、死刑が確定していた教団元幹部の死刑囚13人全員の死刑が執行された。死刑制度の在り方が議論されている中での出来事だっただけに、国内外でさまざまな議論が飛び交っている。

2018年08月10日21時30分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(51)信仰と宗教の大きな違い 広田信也

日本人は極めて信仰深い国民だと思う。なぜなら、日本の中には祈りの習慣がたくさんあるからだ。例えば、大勢の人が「初詣」に行く。あいさつ文に「お祈りしています」と添える。子どもの成長に合わせて「祈りの習慣」がある。

2018年07月27日17時25分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(50)一粒の麦から 広田信也

聖書の中で「まことに、まことに、あなたがたに告げます。・・・」というキリストの言葉は、私たちにとって重要なメッセージを示すときによく使われる。私たちは心を込めてこの箇所を読まなければならない。

2018年07月13日16時12分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(49)家族への祝福が広がる 広田信也

日本では、キリスト教信者数が少ないこともあり、家族そろって信者であることはほとんどない。多くの信者は少数派であり、愛する家族、親族がやがて同じ信仰を持ち、救われることを心待ちにしている。

2018年06月29日18時22分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(48)進化論に寄り添う 広田信也

進化論とは、「現存する生物は、自然発生した単純な生物が、原始形態から次第に変化発達してきたものである」という生物学上の仮説である。日本では、明治時代以降に広く普及し、現代では当たり前のように受け入れている人が多い。

2018年06月15日11時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(47)結婚の誓いの更新 広田信也

日本では毎年20万件以上の離婚があり、離婚率は35パーセントに達している。原因、背景はさまざまだが、その代償は大きく、本人たちだけでなく社会全体に大きな負の効果をもたらしている。

2018年05月31日17時21分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(46)視座を低くされる恵み 広田信也

人は、成長の過程で少しずつ自分の視座を高くすることを学んでいく。幼いころは、見たり聞いたりしたことをそのまま受け入れるが、経験を積むに従い、物事の背後にある社会の構造や歴史の背景、人の心の動きなどにも配慮できるようになる。

2018年05月17日18時03分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(45)良いものは確かに良い 広田信也

中国北京でモーターショーが開催されている。内燃機関で圧倒的な後れを取っていた中国だったが、現地の自動車メーカーや新興ブランドが、EV(電気自動車)など電動化車両を多数出展して巻き返しを図っている。

2018年05月03日21時11分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(44)牧師とつながる喜び 広田信也

どんな人生にも、つらい時、悲しい時が必ずやってくる。そんな逆境の時に、傍らに寄り添ってくれる人の存在は貴重である。信仰を持つと神様が寄り添ってくださるのは確かだが、寂しさを分かち合える人が傍らにいないのはつらいことである。

2018年04月19日11時52分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング