日本人に寄り添う福音宣教の扉(69)天国へのハーモニー・賛美にあふれるキリスト教式葬儀 広田信也

2019年5月4日19時04分 コラムニスト : 広田信也 印刷

キリスト教葬儀における賛美の力

キリスト教の歴史の中で、神様への賛美は、いつも重要な役割を担ってきた。教会の集まりでは、ピアノやオルガンなどの演奏に合わせ、共に賛美歌を歌うことが多い。さまざまな様式の音楽が用いられるが、心からの賛美は、どれも多くの人を励ます力がある。

キリスト教式の葬儀における賛美は、さらに重要な役割を担っている。特に、慰めに満ちた賛美の歌は、故人を失った悲しみの中にある参列者の心に、深く染み渡ってくる。

昨年、美しい歌声を持っておられた女性が召された。召される前には、弱さを抱え、しゃべることさえできなくなっていたが、生前に訪問した際、お元気なころの歌声を収録したCDを、ご家族が聴かせてくださった。

かなり高齢になってから収録したと伺ったが、明るく美しい歌声に、優しい人柄が表れていた。その音色に促されるように、ご家族がエンディングに寄り添っておられた。

葬儀では、ご本人のCDがBGMとして用いられたほか、クリスチャンシンガーに参加してもらい、賛美リードをお願いした。賛美の調べが天国への希望を格別に大きなものにしているようだった。

共に賛美する参列者が遺族を支える

また、先日の葬儀では、喪主のご主人が、召された奥様の愛用していた楽器を用いて、賛美歌を歌ってくださった。涙を誘う場面ではあったが、共に演奏する友人や、声を合わせる参列者の歌声がご主人を支えていた。

天国を想い描く美しい音楽の調べは、聖書に基づく祈りの言葉とも見事に調和する。牧師が導く祈りと賛美の音色は、一つとなって私たちの心を天国に向け、悲しみの中にある遺族を慰める。

仏式葬儀との大きな違い

通常、私たちが行う葬儀式は、教会に集っておられない方からの依頼によるので、教会堂で行うことはほとんどなく、一般の葬儀会場で行われる。

さまざまな葬儀会場があるが、隣の会場で仏式葬儀が執り行われている場に遭遇することがよくある。仏式葬儀の場で流れる読経の内容は、釈迦の教えや行動規範が中心となっていて、天来の恵みにあふれたキリスト教の賛美とは性格が異なっている。

当然、その場の雰囲気も音楽の音色も随分と異なってくる。故人の死を通して、天国を想い描きたい遺族にとっては、キリスト教葬儀の方がよほどふさわしいだろう。もし、先祖から受け継がれた宗教にとらわれることなく、自由に選べるなら、ほとんどの人がキリスト教葬儀を選ぶように思う。

生前にキリスト教葬儀を選んでほしい

江戸時代の檀家制度によって決められた各家庭に受け継がれる仏教宗派は、もう400年もの歴史の中で、家族、親族の葬儀文化として定着してきた。しかし、その仏教葬儀文化が、高齢化、核家族化の進む中で、徐々に崩壊してきている。

多くの人が自らのエンディングの形を模索する時代になってきたともいえるだろう。その中で、キリスト教葬儀を選ぶ人も少しずつ増えてきている。

この機会に、多くの日本人に、美しい賛美にあふれたキリスト教葬儀を体験してもらいたいものである。そして、自分の葬儀や大切な家族の葬儀として選んでいただきたいものである。

天国へのハーモニー・賛美にあふれるキリスト教式模擬葬儀

今回、クリスチャンの音楽家と牧師によるキリスト教式模擬葬儀を、全国で展開し、多くの皆さんに、その圧倒的な素晴らしさを味わっていただきたいと考えている。

仏教葬儀文化を長年受け継いできた日本人に向け、新しい葬儀文化を提案する試みを、全国の教会の皆さんと共に展開したいものである。

天国へのハーモニー ソプラノコンサートとキリスト教模擬葬儀

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。

ブレス・ユア・ホーム

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング