日本人に寄り添う福音宣教の扉(68)神様に愛された生涯 広田信也

2019年4月20日22時15分 コラムニスト : 広田信也 印刷

すべての人は神様にこよなく愛されている。当然分かっているつもりだが、通りすがりに出会う人のことを、私たちはほとんど知らない。もう二度と会うことのない人がほとんどなのに、関心を寄せることなく通り過ぎてしまう。

しかし、葬儀の現場に招かれると、出会うはずのなかった人に注がれる神様の大きな愛に触れることがある。故人の生涯は、神様が故人を愛して描いた傑作なのだろう。そんな神様の真実さに感動することも多くなる。

先日、突然の葬儀依頼が広島の葬儀社から入った。通常、地域の葬儀社ではキリスト教葬儀への備えがあまりできていない。今回は、葬儀社が誤ってキリスト教葬儀の手配ができる旨を依頼者に伝えてしまったらしい。葬儀社もいろいろ手を尽くしたようだが、牧師手配ができず、ぎりぎりになって当社を見つけた。

当然、日程の余裕はほとんどない。その時の連絡も、翌日の葬儀司式を依頼する緊急性の高いものだった。私たちのネットワークは徐々に拡大しているが、連携のいまだ不十分な広島地域ということもあり、短時間では司式牧師を見いだすことができなかった。私は、自分の予定をすべてキャンセルして葬儀の準備を始めた。

すでに多くの司式経験を積み、葬儀の形を作り上げることには慣れてきた。しかし、肝心の故人や遺族の情報を短い時間の中で十分に得るのは非常に難しい。

特に当社への依頼者は、教会とは疎遠な方が多く、故人の信仰についてはあまり情報がない。今回も、遺族に電話を差し上げ、キリスト教葬儀を希望される理由を伺ったが、ほとんど情報を得ることができなかった。

翌日、不安を抱えながら、早朝の新幹線で葬儀会場に向かった。到着したのは、葬儀のわずか1時間前だった。早速、葬儀社との打ち合わせを済ませ、故人のご遺体を前にして遺族と初めて対面した。

葬儀を前にして悲しみに沈む遺族には、多くの質問をすることができない。ただ寄り添い、少ない情報の中で神様のみ旨に心を向ける時が流れた。

ご遺族は、私のために故人の書かれた小さな手記を用意してくださった。それは、家族のために書き残した短い自分史だった。私は、その手記を手に宗教者控室に入り、祈りながら読み始めた。葬儀開始の30分前だった。

故人は韓国人だった。太平洋戦争の2年前、韓国から日本人男性と結婚するために18歳で来日されていた。戦争による混乱の時代、言葉が分からない日本で苦労を重ねられ、母国に帰れない寂しさに耐えながら、辛抱強く生きてこられた。原爆が投下された焼け野原の広島で、家族を支え、子どもさんたちを育て上げ、今では20人ほどの家族、親族に囲まれていた。

所々に教会や牧師の話も出てきた。信仰を持っておられたことはすぐに分かった。戦前の韓国では、女性が学校で学ぶことはなかったらしい。忙しい毎日を過ごす中、学ぶ機会を得ることなく年を重ねられた。

60歳のころから、生活に少し余裕が生まれ、夜間中学に通われ、学ぶ喜びを初めて体験された。卒業後もさまざまな人生の知恵を学んでいかれたようだ。ご家族をはじめ、関わる多くの皆さんに愛され、感謝と喜びに満ちた余生を過ごされた様子が生き生きとつづられていた。

聖書の言葉もたくさん記されていた。最初の聖句は、「いつも喜べ、絶えず祈れ、すべてのことに感謝せよ」(1テサロニケ5:16~18)。そして、次の箇所は、「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです」(ヨハネ11:25)だった。聖歌521番「キリストにはかえられません」も紹介されていた。

私は故人の手記から、神様の深いみ旨を感じながら告別式に臨んだ。故人の略歴をご紹介する際には、心が動かされ、涙があふれ、言葉を詰まらせることになってしまった。

神様がどれほど大きな愛をもって故人を捜し出し、その人生に寄り添い、支えてくださったのかを深く心に刻みながら、聖書の言葉からメッセージをさせていただいた。

最後のお別れの時、故人の手記から「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きる」をご紹介した。そして、キリストが墓からよみがえったように、やがて天の御国で、元気な姿で再会することを心より期待して、ご家族と祈りを合わせることができた。

悲しみの中にも、希望に満ちた告別式になったことだろう。やがて天国でご家族が再会するとき、私も故人にお会いしたいものである。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。

ブレス・ユア・ホーム

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング