日本人に寄り添う福音宣教の扉(75)今後、教会の存続は可能か? 広田信也

2019年7月27日21時14分 コラムニスト : 広田信也 印刷

私がトヨタ自動車に入社した1980年、世界全体の車両販売台数は、年間3500万台程度だった。それから38年が経過した昨年、世界の車両販売台数は9700万台程度となり、全世界の自動車保有台数は、実に13億台を超えた。

市場規模が拡大する中、自動車への期待は多種多様になった。動力性、操作性、操安性、制動能力、積載能力、燃費、排気ガス、騒音、耐久性、整備性、生産性、価格など、それぞれの領域において市場の要求は刻々と変化し、それらに企業が応えてきたのである。

トヨタ自動車は、連結会社を含めると37万人の大所帯であるが、毎年のように組織、人事が変化する。市場の変化に応えるためには、身を切るような改革が繰り返されてきた。

私自身、熱心に取り組んでいたプロジェクトが突然中止になったり、他部署への移動を指示されたり、役職を解任されたり、不本意なことも数多くあった。しかし、それらの変革は、企業活動の存続にとっては必要なことだった。

社会の必要に応えられなければ消えていく

自動車産業の発展は、自動車という魅力ある製品の需要が拡大し、それに応える企業の自己変革の努力によってもたらされてきた。その間、時代の要求に応えられなかった伝統的な自動車会社は姿を消した。

社会の必要は刻々と変化している。社会とつながりのあるすべての共同体は、その変化に応えることを要求される。時代の変化に対応できない共同体は、やがて姿を消すことになる。キリスト教会も社会とつながる共同体である以上、例外ではない。

キリスト教会は消えていくのか?

キリストの体である教会は、すべてが消えてしまうことはない。しかし、日本社会で、もう何年も変化のない地域教会の共同体は、社会とのつながりが希薄になっている可能性があり、消滅する危険が極めて高い。既に教会の数は減ってきている。

それでは、日本社会に福音の必要がないのか?というと、そんなことはまったくない。多死社会を迎えた日本では、年間約140万人が亡くなっている。しかも、核家族化が進んだ中、体の弱さが増し、不安と孤独を抱えている高齢者が大勢いる。彼らの心は飢え渇いている。

確かに、医療や介護など、体を支える備えは整ってきた。しかし、高齢者とその家族に寄り添い、心の内面を支える人材が極めて不足している。実は、教会の献身的な人材を、今の時代は最も必要としているのだ。

もし、牧師が近隣の老人施設に出掛け、傾聴活動を続けるなら、多くの高齢者とその家族に福音を届けることになるだろう。また、地域の高齢者支援の仕組みに教会から協力を申し出るなら、大変喜ばれるだろう。葬儀やお墓の相談に積極的に応えれば、多くの人々との接点を持つことができるに違いない。

高齢者だけではない。若い世代にも教会の果たす役割は大きい。かつて、仕事の仕組みも物も少なかった時代、それらを創造する夢があった。今の時代は、既存の仕事に組み込まれ、効率ばかりを求められる。

そんな社会で、若者が夢を追い求め続けることは容易ではない。効率を上げられない者は疎まれる。そんな若者を支える役割として、教会の存在は重要になっている。

地域教会は、外からの声に対応して、出掛けてほしい

このように、かつて活力に満ちていた時代とは異なり、弱さを抱える人々が多くなった日本では、寄り添ってくれる献身的な信仰者が求められている。

弱さを抱える人々は、聖書を伝えてほしいとは言わないし、祈ってほしいとも言わない。まして、教会の集会に来ることはほとんどない。しかし、その魂は飢え渇いている。

教会は、伝統的に教会堂を作り、集会を催して人々を招いてきた。効果が少ないことが分かっているのに、もうずっと同じ方法を続けてきた。もうそろそろ方針を変え、福音を携えて教会堂から外に出掛け、飢え渇いた魂の隣人になることを積極的に実践してほしいものだ。福音宣教の現場は、教会堂の外にある。

私たち(ブレス・ユア・ホーム)は、そのよき仲介者になりたいと心より願っている。地域教会から、多くの献身的な信仰者が福音を携えて出掛けて行けるように、これからも、さまざまな仕組みを提案していきたい。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。

ブレス・ユア・ホーム

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース