万代栄嗣の記事一覧

万代栄嗣牧師

神が望んでおられる感謝! 万代栄嗣

「すべての事について、感謝しなさい」(Ⅰテサロニケ5:18)とシンプルに記されていますが、神が私たちに望んでおられる感謝とは一体どういうものでしょうか。簡単なようですが、常に感謝をすることは難しくもあります。

2015年02月04日7時31分

万代栄嗣牧師

心の原動力としての―感謝―を持つ 万代栄嗣

あなたの心の原動力は何でしょうか。何があなたをやる気にさせますか?それがお金や妥協では悲しいだけです。クリスチャンは、神からの喜び、賛美、感謝を心の原動力とすることができるのでなんと幸いでしょう。

2015年01月28日7時18分

万代栄嗣牧師

窮地にあってこそ感謝を 万代栄嗣

今日は詩篇34編。私の大好きな御言葉です。もう一度、主を賛美し、感謝する生き方に、本当にクリスチャンの喜びの人生の秘訣があることを学んでいきたいと思います。冒頭には、ダビデ王がアビメレクの前で、気が違ったふりをして、逃げたとあります。紙一重で窮地から脱出したときの詩です。

2015年01月21日12時42分

万代栄嗣牧師

私たちを幸せにする良き事―感謝― 万代栄嗣

クリスチャンである私たちは、神様を見上げる信仰の中で感謝するのです。では、2015年を歩んでいく中で、私たちの日々の思いが喜んで感謝できるようになるためには、心や魂にとって何が大切かを考えてみましょう。

2015年01月14日5時04分

万代栄嗣牧師

「Thankful!(いつも感謝)」 万代栄嗣

2015年、主の力強い恵みと祝福が注がれますように祈ります。新年礼拝ではいつもその年のテーマとなる言葉を発表させていただいていますが、この年、神が私の心に示して下さったのは、Thankful(サンクフル)!「いつも感謝」です。

2015年01月07日7時26分

万代栄嗣牧師

そこにある真実としての救い主キリストの約束 万代栄嗣

クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う時です。西暦はイエスの御誕生の時から数えられた年号であり、今年はその2014年目。2000年以上たってもイエスの御誕生をお祝いできるのは、神の御子の誕生が否定することのできない事実だからです。

2014年12月31日7時16分

万代栄嗣牧師

キリストの居場所を心の中に整えよう 万代栄嗣

今日の箇所はクリスマスの有名な物語で、よく朗読されるキリストの誕生の箇所です。3つのことを確認したいと思います。ぜひ注目してほしいのです。ルカは単なる神話や伝説で終わらせたくなく、詳しく語ろうとしています。

2014年12月24日7時03分

万代栄嗣牧師

クリスマスの主をお迎えする心構え 万代栄嗣

本当のクリスマスは、世間一般の温かい楽しいイメージとは違います。その誕生をお祝いされるべきキリストは、神の御子であったにもかかわらず、私たちの全ての罪を背負って、身代わりとなって十字架の上で死んで下さったのです。

2014年12月17日7時24分

万代栄嗣牧師

クリスマスに向かう心の備え 万代栄嗣

クリスマスは主イエス・キリストが誕生された日ですが、そこには救い主がお生まれするにあたって多くの人々が関わっていました。イエス誕生の知らせと、ヨハネ誕生の知らせ。この2つの物語を通して私たちはクリスマスを迎える心の備えをしていきましょう。

2014年12月10日7時12分

万代栄嗣牧師

癒やし主にして救い主なる主キリスト 万代栄嗣

クリスマスに向けての日々、クリスチャンに与えられている使命を実践しましょう。イエスによる救いの喜びや神の子どもとして生きる恵みの大きさを証ししてまいりましょう。

2014年11月26日7時23分

万代栄嗣牧師

正直な信仰に応えられる神 万代栄嗣

自分の悩みは、本当の意味では誰からも理解されないし、解決もできない。そのような孤独感、沈痛な思いから神に祈った一人の女性、ハンナを神がどのように祝福して下さったのか、またハンナの祈る姿勢はどのようなものだったのか、この2つの事柄に注目します

2014年10月29日17時31分

万代栄嗣牧師

主に認められる信仰を! 万代栄嗣

今日は「あなたの信仰があなたを救ったのです」とイエスに褒められたバルテマイの癒やしの箇所です。聖書の登場人物の中でイエスに褒められた人は決して多くはありません。ここから、私たちの持つべき信仰はどんなものか学んでいきましょう。

2014年10月22日7時13分

万代栄嗣牧師

救い主に焦点を合わせて信じよう 万代栄嗣

去る1週間、私はインドネシアで神学校の講義をしてきました。インドネシアは世界一イスラム教徒が多い国ですが1980年代からリバイバルが起こり、熱心なインドネシア人の神学生が学んでいます。

2014年10月15日12時43分

万代栄嗣牧師

信仰のプロセスで神の恵みを体験しよう 万代栄嗣

信仰の世界では、自分が信仰を働かせなければ何も始まりません。今回の箇所は、アラム(現在のシリアのあたりでイスラエルの北)の将軍のナアマンの物語。彼は勇士でしたが、らい病でした。

2014年10月08日10時41分

万代栄嗣牧師

死を超える恵みへの信仰 万代栄嗣

ここまでヨハネの福音書から6つのしるしを学んでいく中で、癒やし、信じることのスケールがどんどん大きくなり恵みの度合いが深まっていることを知ってほしいのです。これは最後のしるしですから、当然クライマックスとしての大きな恵みが期待されます。

2014年10月01日18時51分

万代栄嗣牧師

呪いやたたりさえ断ち切る本物の信仰 万代栄嗣

ヨハネ福音書の6つ目のしるし、生まれつきの盲人の男のお話から、手術は成功しても、ベッドから起き上がれないような癒やしではなく本物の癒やしを頂いてまいりましょう。

2014年09月24日21時48分

万代栄嗣牧師

私たちに与えられている3重の救い 万代栄嗣

良いことばかりが人生ではないというのが本物の人生です。その中でも、神と共に歩むなら、神の恵みによって魂の奥底から支えられるのです。特に10節から神の3重の救いについて学びましょう。

2014年09月17日21時14分

万代栄嗣牧師

人の思いも自然の力も超越される主 万代栄嗣

今回は、イエスの5つ目のしるしとして現わされた「イエスが水の上を歩き、嵐を静められた」不思議なお話です。科学の常識からすれば、現代の私たちには信じられない出来事が起こったのです。このしるしから3つのことを学んでいきましょう。

2014年09月09日12時46分

万代栄嗣牧師

ご自身の働きに招き入れられる主 万代栄嗣

今回は4つ目のしるしである5つのパンと2匹の魚の有名な物語です。この奇跡はヨハネの福音書だけではなくマタイ・マルコ・ルカ4つの福音書すべてに出てくる箇所です。

2014年09月01日15時47分

万代栄嗣牧師

神のいのちに連なる者 万代栄嗣牧師

夏は、私たち日本人にとっては、原爆や終戦、お盆の習慣などもあり、命について考えることの多い時期ですが、今ほど、命が軽んじられる時代もありません。

2014年08月18日12時25分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース