試練・困難の中で忘れてはならないこと 万代栄嗣

2020年10月26日10時43分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょか。…霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。すべての懲らしめは、そのときは…悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。また、あなたがたの足のためには、まっすぐな道を作りなさい。(ヘブル12:7~13)

この半年余り、コロナウイルスによって大変な苦難、大問題がもたらされています。でも私が今日分かち合いたいことは、コロナウイルスが多くの困難をもたらしたからといって、それで私たちが弱り果ててしまわないことです。むしろ、その困難を通して神は私たちを強くしてくださいます。マイナスの出来事を、大きなプラスへと転じてくださる神の恵みがあることを知りましょう。「私は世に勝っている」とイエスは約束してくださっています。ですから、マイナスの力の中にあっても、私たちは世に勝つ信仰の秘訣が与えられています。

今日の聖書箇所から、どのような困難にあっても絶対に忘れてはならない信仰の原則を、3つのポイントを通して確認してまいりましょう。

1. 私たちの人生は神のご計画の中にある

まず、7節から8節に注目しましょう。コロナ禍にあってあなたが直面する厳しい状況は、神のある種の懲らしめであり、神がこの厳しい状況を用いようとされていることに気付きましょう。子どもをしつけない親がいるでしょうか。叱るべきところでは子どもを叱り、懲らしめるところでは厳しく懲らしめるのは当然です。その懲らしめは無責任な虐待などではなく、神の言葉として聖書に記されているものです。

神は、私たちを救い永遠の命へと導いてくださる父なるお方です。その神ご自身が、私たちの生活の中に試練を許しておられるのなら、それは神のご計画の中にある試練であり、私たちが受け止められる範囲の懲らしめです。クリスチャンである私たちが本当の勝利者となるよう、神が鍛えてくださっていることに感謝しましょう。神への信頼を忘れないことです。

2. 試練を通して豊かな実が結ばれる

11節に書かれているように、どんな試練であっても、神の御心とご計画の中で私たちがその試練に向き合うならば、必ず信仰によって豊かな平安な義の実を結びます。試練は単につらい出来事では終わらず、信仰の実りを私たちにもたらすのです。

コロナ禍において私は、単に怯えるのでなく、むしろ神に期待しています。政治家たちは、現在の状況を「100年に1度の大変な試練だ」と言っていますが、そこを信仰を持って歩み通すならば、必ず豊かな実を結ぶことができると信じます。困難の中でこそ、本当に大切なものが浮かび上がってくるからです。今の世の中は、悪の力がはびこっています。悪魔に翻弄されることなく、神の御心にかなう聖い平安の実を結ぶことをいつも心掛けておくことが大切です。それがあなたの心の平安を守り、それによって人生が祝福されるのです。コロナ禍においても、神の義の実を結ばせていただけることに感謝しましょう。

3. 困難に対して神の力によって立ち上がる

12節に「弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい」とあります。弱気にならず、神の力により立ち上がりましょう。不安を感じるときはイエスの御名によって勝利を宣言して祈り、信仰を持って前向きに乗り越えましょう。主と共に戦うことを体験しましょう。

この初代教会の時代にも、さまざまな試練と困難がありました。その中で使徒たちは、神の力によって立ち上がろうと信徒たちに書き送りました。私たちも、この秋の歩みの中で神の力を頂きましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース