ALSについて 藤崎裕之(元医療従事者、牧師)

2020年7月24日20時16分 印刷
関連タグ:安楽死

昨日、報道された筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の死亡事件については、今の段階では嘱託殺人であり、医療処置ではないと考えます。

ALSは神経系の病気で、呼吸機能を含めた全身の運動機能が徐々に失われていく病気です。発症から呼吸機能停止までは数年間のスパンがあります。ALSに対する医療知識の蓄積は相当進んでいますので、どのように経過していくのか、どういう対処ができるのか、その点については医療として多くの情報を患者に提供できます。

ALS患者の生活の支援方法や対処についても、医療、看護、介護の面からサポートされます。当然、患者の意志が無視されることもありませんし、治療とどういう最期を迎えるのかについても、患者やその家族に考える時間、機会が与えられています。主治医はもちろん、ケースワーカー、ケアマネージャーとも話す機会がたくさん設けられます。人工呼吸器を装着しないと決断した患者であっても、その決定は途中で変更可能です。ただし、人工呼吸器を装着してしまった場合、それを外して死を選ぶことは大変に難しいといわざるを得ません。この点は、報道の指摘通りだと思います。

しかし、ここで考えるべきことは、呼吸器を装着して生きるのは、ただ「残酷な生」であるという思い込みは厳禁だということです。患者が速やかな死を望んだ場合――それはしばしば起こり得ることですが――、主治医を中心とした話し合いが必要です。患者と家族、支援者を含めたケアチームが作られていますから、その話し合いが尊重されるべきです。そこに第三者が口を挟む、あるいは何らかの行為介入をすることは、医療倫理に反することです。これは日本の場合だけに限らず、世界的にこのように行われていることですし、この方法は医療が見いだした現時点における最善策です。

さらに指摘したいことは、「安楽」な死はないということです。死は安楽ではありません。死が安楽を提供するかどうかも現時点では結論を出せません。われわれが議論できるのは、尊厳ある死を考えることです。そして尊厳ある死は、個々人によってまったく姿が違うということも大切です。泣き叫びながら死を迎えることも、ある人にとっては尊厳ある死であって、その権利はあります。

今回の事例は不明な点が多いですが、報道されていないことがあります。それは、患者と主治医の関係がどうであったのか、ケア会議がうまく機能していたのか、第三者たる2人の医師の関わりがどうであったのか、SNSでのやりとりもケアではありますが、しかしそれが「どうやって死ぬか」という点に限られていたとしたら、それはケアではありません。個々人の死について対話がなされるときは、同時に個々人の生についても対話されるべきです。

ALSに罹患した人がどのように生きていけるか、その知識の蓄積は相当に進んでいます。方法も確立されてきました。何よりもALSの治療法が相当に進歩しているのです。そういうポジティブな点を抜きにして議論することはできない、ということを記しておきます。

文・藤崎裕之(元医療従事者、牧師)

関連タグ:安楽死

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース