人生の主役である主に従う人生 菅野直基

2020年7月14日10時40分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

クリスマスの演劇で主役級の役はヨセフさんとマリヤさんです。しかしヨセフの名前は、マタイの福音書でもイエス様誕生の記事が書かれている2章にはありますが、それ以降は出てきません。マリヤさんは所々に出てきますが、使徒の働きの中でイエス様を礼拝している姿が出て後、名前は消えています。

聖書の主人公は、あくまでイエス・キリストなのです。バプテスマのヨハネは、イエス様を伝えた後、自分は消えていきました。私たちクリスチャンが求めるべきお方はただ一人、イエス・キリストです。

それは理屈では分かっていても、人に依存したり、人を求めたりしてイエス様を求めることを忘れてしまうことはないでしょうか。ローマ3章には「神を求める人はいない」とありますが、それが人間の本当の姿です。イエス様を利用するために「イエス様!」と求めることはあっても、イエス様を主として求めてはいないのです。

イエス様を利用するために求めたり、自分が中心にいてイエス様に助けてもらうというような求め方ではなく、イエス様を主として心の中心にお迎えし、この方に仕える僕となることです。自分の人生で自分が主役であるところから、イエス様を主役とすることです。

この世と調子を合わせて生きている方が、波風が立たず、生きやすいでしょう。本気でイエス様に従って生きていこうとしたら、いかに自分がイエス様に仕えていなかったことか示されるでしょう。都合の良いときはイエス様に従うのに、都合が悪くなるとイエス様を追い出し、イエス様から離れていくのです。

イエス様は「自分を捨て、自分の十字架を負ってわたしについて来なさい」と語られました。どんなときにもイエス様に従う生き方です。私たちの人生の主役であり、主である方に仕えながら生きていきましょう。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ(メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース