婚宴の礼服を着なさい 菅野直基

2020年6月30日09時58分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

マタイの福音書22章には、イエス様が語られた「婚宴のたとえ話」が書かれています。その後半で、当初、王が王子の婚宴に招いていた人はそれにふさわしくなかったので、町の大通りに出て行って、良い人も悪い人も婚宴に招きました。

町の大通りで招かれたのが私たちです。当時、婚宴には一番の晴れ着を着る習慣があり、花婿の父は礼服を持っていない人のために衣服を準備しました。しかし、衣服を準備したにもかかわらず、こともあろうに、礼服を着ないで婚宴に私服で参加した人がいました。

王は、理由を問いただしますが黙っている人に向かって怒り、側近に命じました。「そこで、王はしもべたちに、『あれの手足を縛って、外の暗やみに放り出せ。そこで泣いて歯ぎしりするのだ』と言った」(マタイの福音書22章13節)とあります。

ここで、王が準備した礼服とは、「イエス様」のことです。イエス様を信じ、イエス様に頼るなら、誰でも神の前に大胆に進み出ることができます。しかし、礼服を着なかった人は、自分に自信があったのでしょう。「イエス様を信じる必要はない。私には罪がない!」という態度を取るようなものです。

聖書は、「罪の支払う報酬は死である」と語ります。しかし、「神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです」(ローマ人への手紙6章23節)とあります。

婚宴に礼服を着て参加すると「馬子にも衣装」と言われるように、どんなみすぼらしい人でも立派に見えるように、イエス様を信じるなら、神の目にはイエス様を見るように完全な人と見てくださいます。

神が用意された人となった神イエス様をないがしろにすることなく、イエス様を主と認め、第一にし、頼り、共に歩んでいきましょう。

ステキな一日でありますように。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ(メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース