菅野直基の記事一覧

菅野直基

最高の人生とはどんな人生? 菅野直基

若い頃、「抜け目なく振る舞い、人生のチャンピオンになろう!」と思って頑張っていました。でも、いつも人生のチャンピオンでいることは不可能です。坂道をのぼれば、坂道をおりなければなりません。ギターの弦を張って演奏し終わったら、弦をゆるめなければなりません。

2018年03月07日16時16分

菅野直基

理不尽な物々交換 菅野直基

ある日、私のお気に入りの靴がなくなり、代わりに、超オンボロで見るも無残な靴が置かれていました。おそらく、「もうこれ以上履くことはできない!」というときに私の靴を見つけて、物々交換して去っていったのではないかと思います。

2018年02月28日18時58分

菅野直基

感謝する習慣 菅野直基

人間は、良い習慣を身に付けるのに苦労するのに、なぜか悪い習慣は簡単に身に付いてしまうものです。何事にも感謝をするという習慣はなかなか身に付かないのに、不平・不満を言う習慣を身に付けるのはいともたやすいものです。

2018年02月22日19時53分

菅野直基

ゲーム依存症からの解放 菅野直基

ゲームというと、私の世代なら、ゲームセンター、ゲームウォッチ、ファミコンなどを思い出します。しかし、そういう楽しいゲームではなく、不快になり、落ち込ませてしまうゲームのことです。「もし~ならば、~なんだけれどなあ」というものです。

2018年02月15日14時04分

菅野直基

言葉の力 菅野直基

先日、講演を終えた後で、聴衆の何人かが、「とっても良かったです。ありがとうございました」という言葉をかけてくれました。その言葉を聞いただけで、疲れは吹き飛び、元気になりました。力ある言葉ですね。

2018年02月07日10時09分

菅野直基

喜ぶ人と一緒に喜ぼう 菅野直基

ジョルジュ・ベルナノス(Georges Bernanos、1888~1948、20世紀フランスの作家、思想家)は、「他人の喜びに喜びを見いだすこと。これが幸福の秘訣である」と言いました。ともすると、「自分の喜びに喜びを見いだすこと」こそが、幸福の秘訣であると考えやすいものです。

2018年01月31日7時11分

菅野直基

問題は狼の皮をかぶった祝福 菅野直基

今まで、こういうことを何度も経験してきましたが、問題があったことで大きな祝福の扉が開きました。「ピンチはチャンス」なんてものではなく、ピンチは、大大大チャンスです。

2018年01月24日7時14分

菅野直基

人を注意するときに大切なこと 菅野直基

時々、人を注意して指導しなければならなくなる立場に立たされます。それが、子ども相手ならいざ知らず、大の大人が相手ならつらいです。どんな人でも、人から注意されたり、批判されることはうれしくないからです。

2018年01月17日7時31分

菅野直基

小さな幸せに敏感でいたいですね 菅野直基

「幸せ」と感じられることは、年とともに変化します。子どもの頃、空を見上げているだけでうれしくなって、「あの雲に乗ってみたいな」と考えるだけで幸せになりました。

2018年01月10日5時11分

菅野直基

偽りの自尊心と本物の自尊心 菅野直基

言葉や態度で、「あなたには価値がない!」と断定する人がいます。その根拠は、自分と他者を比較して、何か違う点を見いだすからです。外見、態度、行動、人種、性別、学歴、地位、収入、宗教、家柄などでの優劣を判定する基準があるのです。

2018年01月03日5時48分

菅野直基

失敗とは、自らが決めない限り存在しない 菅野直基

人生に失敗はありません。あるのは発見するチャンスだけです。発明王のトーマス・エジソンは、「わたしは、今までに、1度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで2万回しただけだ」と言いました。

2017年12月27日7時59分

菅野直基

許しの愛と赦しの愛 菅野直基

日本語の漢字は、使い分けることで微妙なニュアンスの違いを表現できます。「許しの愛」は、「許容や妥協」が含まれます。私たち人間はこれが限界です。しかし、「赦(ゆる)しの愛」は、「いっさい根に持たない」ものです。

2017年12月20日7時13分

菅野直基

クリスマスを祝う 菅野直基

クリスマスとは、「Christ(キリスト)のmass(ミサ)」からきている言葉です。キリストの誕生を喜び、キリストを礼拝することを意味します。日本では、キリストなしのクリスマスという芸当が行われることがあります。

2017年12月13日6時45分

菅野直基

わたしはあなたと共にいる 菅野直基

予測不能な出来事が起こったとき、これまで積み上げてきたものが跡形もなく崩れ落ちてしまうことがあります。どしゃ降りの雨と嵐に遭って心がずぶ濡れになると、怒りが込み上げ、それは次第に自己嫌悪に変わります。

2017年12月06日7時17分

菅野直基

変わらない幸福感 菅野直基

あなたは幸せですか。それとも、不幸せですか。どんなに喜びにあふれていても、誰かの何気ないひと言で不幸のどん底に突き落とされることがあります。しかし、赤ちゃんなどを見ていると、泣いたり笑ったりしながら、世界一幸せな顔をしています。

2017年11月29日7時34分

菅野直基

笑いの秘訣と健康 菅野直基

笑いは謙遜な心から生まれてきます。不平不満を言わず、あるがままを受け入れ、感謝していると、自然に笑顔になり、笑いがあふれてくるものです。現状に不満を抱き、あるがままを受け入れず、腹を立てていると、怒った顔になり、怒りが込み上げてきます。

2017年11月22日7時43分

菅野直基

迷わない、ブレない人生の秘訣 菅野直基

皆さんは、「譲れないこと」と「妥協できること」の基準がしっかりと決まっていますか。そうしたら、人生に悩みがなくなります。 この2点を構築するためには、聖書を土台にすることをお勧めします。

2017年11月15日6時56分

菅野直基

鈍感力と敏感力 菅野直基

私たちは、情報過多の中を生きています。凶悪事件は激減しているにもかかわらず、凶悪事件がたくさん起こっていると感じている人がたくさんいます。それは、マスコミの影響です。

2017年11月08日6時19分

菅野直基

プロの心と生き方 菅野直基

自宅近くでお昼に外食するときは、あるそば屋にいつも食べに行きます。店主に聞くと、仕入れ可能なすべての製麺屋さんのうどんとそばを自分の舌で味わって、心底納得できるものを使っているそうです。

2017年11月01日7時17分

菅野直基

祈りは運命を変える―ヤベツの祈り 菅野直基

私にとって祈りとは、最高に素晴らしく、楽しい時間です。祈りは、私たちの運命を変える力を持っています。旧約聖書のⅠ歴代誌4:10には、「ヤベツの祈り」と呼ばれる祈りが記されています。

2017年10月25日5時52分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース