菅野直基

菅野直基

婚宴の礼服を着なさい 菅野直基

マタイの福音書22章には、イエス様が語られた「婚宴のたとえ話」が書かれています。その後半で、当初、王が王子の婚宴に招いていた人はそれにふさわしくなかったので、町の大通りに出て行って、良い人も悪い人も婚宴に招きました。

2020年06月30日9時58分

菅野直基

神はすべてを引っくるめて最高のプラスにしてくださる 菅野直基

クリスチャンになって一つはっきり言えることがあります。「すへてのマイナスと思える出来事は、必ずプラスに変わる」ということです。負わされた十字架のような出来事。取り返しがつかないような大失態・大失敗。

2020年06月23日7時47分

菅野直基

主の訓練を素直に受け入れよう 菅野直基

ゴスペルソングに「もう振り向かない」という曲があります。その一節に「もうつぶやかない」という歌詞があります。若い人にとっては、「つぶやく」と聞くと、Twitter を思い出すかもしれませんが、不平不満のことです。

2020年06月16日9時56分

菅野直基

十字架の木を投げ入れよ 菅野直基

出エジプトしたイスラエルの民は、シュルの荒野に向かって3日間進みますが、飲み水がありませんでした。マラという場所に着きますが、そこの水は苦くて飲むことができませんでした。それで、この場所は「マラ(苦い)」と呼ばれるようになりました。

2020年06月10日9時33分

菅野直基

神不幸と神を喜ばせる生き方 菅野直基

親にとって一番悲しいことは、子が親を親として認めず、親をないがしろにして生きている姿を見ることではないかと思います。神にとって一番悲しいことも同じです。人が神を神と認めず、神をないがしろにして生きていることです。

2020年06月01日15時58分

菅野直基

コロハラの解決は福音宣教にある! 菅野直基

セクハラ、パワハラ、モラハラなどのハラスメントが問題とされてきましたが、最近では、コロナ騒ぎの中で、コロハラ(コロナハラスメント)が問題となっているのではないでしょうか。

2020年05月04日19時47分

「伝道で日本を変えよう」 ジャパンハーベスト2020、新型コロナで無観客ライブ配信

「伝道で日本を変えよう」 ジャパンハーベスト2020、新型コロナで無観客ライブ配信

東京・上野恩賜公園の野外ステージを会場に3月28日の開催を予定していた伝道大会「ジャパンハーベスト2020」(同実行委員会主催)が同日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて無観客で行われ、インターネットでライブ配信された。

2020年04月01日13時31分

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

東京・新宿の大久保通り周辺にある7つの教会が協力する「新宿大久保通り教会防災ネットワーク」(略称:SOS防災ネット)が22日、大久保通りにあるウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会で防災啓発イベント「防災フェスタ2018」を開催した。

2018年04月23日17時49分

菅野直基

最高の人生とはどんな人生? 菅野直基

若い頃、「抜け目なく振る舞い、人生のチャンピオンになろう!」と思って頑張っていました。でも、いつも人生のチャンピオンでいることは不可能です。坂道をのぼれば、坂道をおりなければなりません。ギターの弦を張って演奏し終わったら、弦をゆるめなければなりません。

2018年03月07日16時16分

菅野直基

理不尽な物々交換 菅野直基

ある日、私のお気に入りの靴がなくなり、代わりに、超オンボロで見るも無残な靴が置かれていました。おそらく、「もうこれ以上履くことはできない!」というときに私の靴を見つけて、物々交換して去っていったのではないかと思います。

2018年02月28日18時58分

菅野直基

感謝する習慣 菅野直基

人間は、良い習慣を身に付けるのに苦労するのに、なぜか悪い習慣は簡単に身に付いてしまうものです。何事にも感謝をするという習慣はなかなか身に付かないのに、不平・不満を言う習慣を身に付けるのはいともたやすいものです。

2018年02月22日19時53分

菅野直基

ゲーム依存症からの解放 菅野直基

ゲームというと、私の世代なら、ゲームセンター、ゲームウォッチ、ファミコンなどを思い出します。しかし、そういう楽しいゲームではなく、不快になり、落ち込ませてしまうゲームのことです。「もし~ならば、~なんだけれどなあ」というものです。

2018年02月15日14時04分

菅野直基

言葉の力 菅野直基

先日、講演を終えた後で、聴衆の何人かが、「とっても良かったです。ありがとうございました」という言葉をかけてくれました。その言葉を聞いただけで、疲れは吹き飛び、元気になりました。力ある言葉ですね。

2018年02月07日10時09分

菅野直基

喜ぶ人と一緒に喜ぼう 菅野直基

ジョルジュ・ベルナノス(Georges Bernanos、1888~1948、20世紀フランスの作家、思想家)は、「他人の喜びに喜びを見いだすこと。これが幸福の秘訣である」と言いました。ともすると、「自分の喜びに喜びを見いだすこと」こそが、幸福の秘訣であると考えやすいものです。

2018年01月31日7時11分

菅野直基

問題は狼の皮をかぶった祝福 菅野直基

今まで、こういうことを何度も経験してきましたが、問題があったことで大きな祝福の扉が開きました。「ピンチはチャンス」なんてものではなく、ピンチは、大大大チャンスです。

2018年01月24日7時14分

菅野直基

人を注意するときに大切なこと 菅野直基

時々、人を注意して指導しなければならなくなる立場に立たされます。それが、子ども相手ならいざ知らず、大の大人が相手ならつらいです。どんな人でも、人から注意されたり、批判されることはうれしくないからです。

2018年01月17日7時31分

菅野直基

小さな幸せに敏感でいたいですね 菅野直基

「幸せ」と感じられることは、年とともに変化します。子どもの頃、空を見上げているだけでうれしくなって、「あの雲に乗ってみたいな」と考えるだけで幸せになりました。

2018年01月10日5時11分

菅野直基

偽りの自尊心と本物の自尊心 菅野直基

言葉や態度で、「あなたには価値がない!」と断定する人がいます。その根拠は、自分と他者を比較して、何か違う点を見いだすからです。外見、態度、行動、人種、性別、学歴、地位、収入、宗教、家柄などでの優劣を判定する基準があるのです。

2018年01月03日5時48分

菅野直基

失敗とは、自らが決めない限り存在しない 菅野直基

人生に失敗はありません。あるのは発見するチャンスだけです。発明王のトーマス・エジソンは、「わたしは、今までに、1度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで2万回しただけだ」と言いました。

2017年12月27日7時59分

菅野直基

「クリぼっち」も「孤独」も素晴らしい 菅野直基

孤独は寂しいし、頼れる人がそばにいてくれない状況です。頼るとは、甘えるということです。甘えられる人がすぐそばにいてくれることは幸せなことですが、成長していくためには、その甘えを断ち切ることが必要な時もあります。

2017年12月23日17時32分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース