ローザンヌ運動と世界福音同盟、新型コロナのウェビナー開催 今夜10時

2020年4月17日21時44分 印刷
+ローザンヌ運動と世界福音同盟、新型コロナのウェビナー開催 今夜10時
キリスト教慈善団体「サマリタンズ・パース」がイタリア北部クレモナに設置した救急野外医療施設で、新型コロナウイルス感染症患者のために祈る医師や看護師たち(写真:サマリタンズ・パース)

ローザンヌ運動と世界福音同盟(WEA)が構成するネットワーク「Health for All Nations」(HFAN、「すべての国のための健康」)が、日本時間17日午後10時から、新型コロナウイルスから学ぶことのできる教訓や信頼できる情報源などについてのウェビナー(ウェブ上のセミナー)を開催する。内容には、貧困地域の住民がどのように新型コロナウイルスに対応すればよいのか、といったものも含まれる。

ウェビナーは1時間半の予定。米ウィスコンシン医科大学卒の医師で、宣教師としての経歴も持ち、公衆衛生向上のための団体「トランスフォメーショナル・ヘルス」の共同創設者であるマイク・ソルダリング氏をはじめ、キリスト教医科歯科協会(CMDA)訓練コーディネーターで医師のサントシュ・マシュー氏や、精神保健とトラウマのためのローザンヌ・ネットワークの共同カタリストであるグラディス・K・ムウィティ氏、アーバン・リーダーシップ財団ディレクターのビブ・グリッグ氏らが発題する。

HFANは、3月20日に新型コロナウイルスに関するウェブページ(英語)を作成し、米疾病管理予防センター(CDC)や、統計サイト「ワールドメーター」などの資料や統計に関する情報を共有している。また黒死病(ペスト)が流行した当時、マルティン・ルターが、疫病の流行にクリスチャンがどのように対応すべきかをつづったジョアン・ヘス牧師宛ての手紙(英語)も掲載している。

ウェビナーはインターネット・テレビ会議サービス「Zoom(ズーム)」を使って行われる。参加はこちらから。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース