日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

2020年1月7日23時48分 印刷
関連タグ:宗教年鑑
+日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表
最新版となる2019(令和元)年版の『宗教年鑑』

文化庁が、日本国内の宗教統計調査をまとめた『宗教年鑑』の最新版(2019〔令和元〕年版)を発表した。それによると、「キリスト教系」に分類される宗教団体の総信者数は192万1484人で、全宗教団体の総信者数に占める割合は1・1%だった。

『宗教年鑑』は各宗教団体を、神道系、仏教系、キリスト系、諸教の4種に分類。信者数が最も多いのは神道系で8721万9808人(48・1%)、次が仏教系で8433万6539人(46・5%)、諸教が785万1545人(4・3%)だった。前年に比べると、神道系は105万3675人増加した一方、仏教系は99万6511人減少し、諸教は10万7831人増加した。キリスト教系は350人の減少で、ほぼ横ばいの結果となった。

キリスト教系の信者数を教団別に見ると、最も多いカトリック教会は44万893人(前年比61人増)、2位の日本基督教団は11万1090人(同4412人減)、3位の日本聖公会は4万7886人(同563人減)、4位の日本バプテスト連盟は3万3729人(同392人減)、5位の日本福音ルーテル教会は2万1858人(同50人減)だった。

都道府県別に見ると、キリスト教系の信者数が最も多いのは東京都で86万9443人(同5735人増)、2位は神奈川県で30万3530人(同229人減)、3位は大阪府で7万6654人(同3297人増)だった。一方、最も少なかったのは福井県で2234人(同86人増)、次が富山県で2700人(同224人減)、そして続く島根県が2710人(同12人減)だった。

宗教法人数で見ると、キリスト教系は4704法人(同8法人増)で、すべての宗教法人に占める割合は2・6%だった。また、キリスト教系の宗教団体に所属する教師数は3万1619人で、前年に比べ767人増えた。

『宗教年鑑』の統計調査は、各宗教法人の報告に基づいて行われている。信者の定義や資格などに違いがあることなどから、信者数については各宗教団体で重複することもある。そのため、全宗教団体の総信者数は約1億8113万人と、実人口約1億2615万人(2019年12月1日時点、概算値)の約1・44倍となっている。また、調査は宗教法人ベースで行われているため、非法人宗教団体のみを有する包括宗教団体や、非法人単立宗教団体は調査の対象外となっている。

さらに、キリスト教系と分類される宗教団体には、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)や、ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)、世界平和統一家庭連合(統一協会)なども含まれている。

関連記事:日本の最新のキリスト教人口は? 『宗教年鑑』2019年版教団別・都道府県別ランキング 

関連タグ:宗教年鑑

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース