日本のカトリック信者数は44万人、9年ぶりに微増 カトリック教会現勢

2019年8月26日13時44分 印刷

日本のカトリック教会の信徒数や聖職者数、施設数などの統計をまとめた「カトリック教会現勢」の最新版がこのほど、カトリック中央協議会のホームページで公開された。最新版は2018年1月1日~12月31日の集計で、信者数(信徒、聖職者などの合計)は44万893人と、前年比61人増だった。わずかな増加だが、ここ数年は減少が続いており、増加は2009年以来9年ぶり。

信者数の内訳は、信徒数43万4111人(前年比298人増)、聖職者・修道者・神学生数6782人(同237人減)で、信徒数の増加が聖職者・修道者・神学生数の減少分を補った形。しかし、信徒数はこの10年余りほぼ横ばいで、その傾向に変わりはない。実際、昨年の受洗者数は5018人で前年に比べ160人減っている。しかし昨年は、帰天者数が4334人と前年に比べ384人少なかったことで、全体として信徒数の減少をくい止めたとみられる。なお、信徒数43万4111人のうち、4万8344人は居所不明者で、信徒実数は38万5767人とされている。

昨年の受洗者のうち、幼児洗礼(7歳未満が受ける洗礼)は2329人、成人洗礼は2689人だった。受洗者数は、2006年以降では07年の7275人が最も多く、昨年はそれに比べ2千人以上減ったことになる。献信者数、求道者数、教会学校に通う子どもの数も年々減少している。特に、教会学校に通う幼児・小学生は06年には1万4349人いたが、昨年は8402人と、この10年余りで約4割も減っている。

聖職者・修道者・神学生数6782人の大半は修道女で、約7割を占める。次に多いのは司祭で、昨年は1301人だった。司祭の数も年々減少しており、06年の1523人に比べると、約220人減った。一方、司祭の内、日本国籍者は777人で、外国籍者は524人と、外国籍の司祭が約4割を占めている。

信徒の男女比は女性が約6割で、男性が約4割と、女性の方が多い。

信者数を教区別で見ると、東京教区が9万7656人で最も多く、次いで長崎教区(6万933人)、横浜教区(5万5466人)、大阪教区(4万9438人)、福岡教区(3万222人)が続く。最も少ないのは、高松教区で4548人。しかし、該当教区の人口に占める信者の割合は、長崎教区が約4・42パーセントで最も高く、0・1~0・5パーセント台の他教区を大きく上回っている。全国の人口に占めるカトリック信者の割合は約0・35パーセントで、この10年余りほぼ変動はない。

教会(小教区、準小教区、巡回教会、集会所)の数は全国で966。修道院の数は全国で764。関係施設の数は全国でそれぞれ、医療施設が42、社会福祉施設が643、教育施設が828、一般施設・その他が175だった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース