カトリック長崎大司教区、40代司祭を聖職停止 女性信徒が性的被害訴え

2019年11月29日21時14分 印刷

カトリック長崎大司教区は、女性信徒が40代の司祭から性的な被害を受けたと訴え、司祭を暫定的に聖職停止処分にしたことを明らかにした。女性は被害届を提出しており、警察が強制わいせつ容疑で捜査している。

時事通信西日本新聞によると、司祭は昨年5月、長崎県内の自身の教会に女性を呼び出し、抱き付いたり、体を触ったりしたという。女性は同年6月ごろ、大司教区の人権相談窓口に相談。大司教区は司祭からも話を聞いた上で、被害があったと判断。同年秋ごろ、司祭を聖職停止処分とした。

一方、同通信によると、大司教区は当初、この処分を教区内の信徒には公表せず、不在の理由を「病気療養中」としていた。女性は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)となり、長期入院を余儀なくされたという。

NHK朝日新聞によると、大司教区は27日、ローマ教皇フランシスコの離日を受けて記者会見を開き、その中で女性が性的被害を訴えていることを明らかにした。大司教区は「大変深刻に受け止めている」とする一方、まだ詳しい事実関係が把握できていなと説明。警察による捜査の推移も見ながら、状況に応じて発表や会見を行う予定だとした。

これに先立ち、日本国内の教区を取りまとめるカトリック中央協議会は15日、公式サイトで「聖職者による性虐待に関する調査の状況について」を発表。聖職者の性的虐待に関する調査はすでに2002年と12年に行っているが、今年6月から10月にかけて再調査を実施。現在も追加の調査を行っているとし、報告できる段階になり次第、調査結果を発表するとしている(関連記事:日本のカトリック聖職者による性的虐待、中央協議会が調査状況を説明)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース