セオドア・マカリック米ワシントン名誉大司教、性的虐待で聖職剥奪

2019年2月18日16時15分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+セオドア・マカリック
米ワシントン名誉大司教のセオドア・マカリック氏=2008年(写真:World Economic Forum)
- 広告 -

バチカン(ローマ教皇庁)は16日、性的虐待疑惑が持たれていた米ワシントン名誉大司教のセオドア・マカリック元枢機卿(88)について、聖職者としての地位を剥奪することを決定したと発表した。

発表によると、バチカンの教理省会議は13日に開いた定例会で、マカリック氏が職権を濫用し、告解の秘跡における誘惑と、未成年および成人と第6戒(姦淫〔かんいん〕してはならない)を破る罪を犯したとして、聖職者としての地位を剥奪する処罰を決めた。マカリック氏に対しては15日に通達したという。

この決定は1月11日に下されていたものだが、マカリック氏から不服申し立てがあったため、13日に再審理が行われた。

これまでの報道によると、マカリック氏は45年以上前、ニューヨーク大司教区で司祭を務めていた時代に、未成年者に対して性的虐待を行った疑いがある。この容疑を受け、バチカンは昨年6月、マカリック氏に対し一切の聖職行使停止を命令。マカリック氏は同8月、枢機卿会議を辞任していた。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング