日本カトリック司教協議会、聖職者の性的虐待問題で調査実施へ

2019年4月10日21時15分 印刷

日本カトリック司教協議会は、聖職者による未成年者に対する性的虐待が世界的に発覚している問題を受け、国内でも初めて本格的な調査を実施することを決めた。4日に開かれた常任司教委員会で決まったもので、全国16教区を通じ、早期の実施を目指す。共同通信などが伝えた。

同通信によると、調査の具体的な方法や開始時期などはまだ未定だが、外部に協力を求めることも検討するという。2002年と12年には、司教を対象にアンケートを実施し、計5件の被害が確認されていた。しかしその時には、被害者からの聞き取りや関係者の処分などは行われていなかったという。

AFP通信によると、今回の調査ではこの5件についても、対処が適切であったかどうかが検証されるほか、別の虐待疑惑についても調査が行われる予定。

聖職者による未成年者に対する性的虐待をめぐっては、バチカン(ローマ教皇庁)で2月、本格的な対策会議が初めて開かれ、教皇フランシスコが「単純かつ予測可能な断罪の言葉ではなく、具体的かつ効果的な措置」を求めるなどしていた。バチカンはさらに3月末、性的虐待に対する厳罰化を定めた包括的な新法を発表。児童虐待が確認された、あるいは虐待に関与した一切の職員を自動的に解雇する内容を盛り込むなどした。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング