教団・教会

「神に祈りと願いを」 日本カトリック司教協議会会長、新型コロナの感染拡大受け談話

「すべてのいのちを守るため」生活の指針に 教皇訪日1周年で髙見大司教

ローマ教皇フランシスコの訪日から1年となった23日、日本カトリック司教協議会会長の髙見三明大司教がカトリック中央協議会の公式サイトでメッセージを発表した。

2020年11月24日18時17分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、日本からの献金に礼状

日本のカトリック教会が、昨年11月のローマ教皇フランシスコの訪日に合わせて集め、バチカン(ローマ教皇庁)に送金していた約9千万円の献金について、教皇フランシスコから礼状が届いた。

2020年11月18日16時01分

日本聖公会、大阪教区と京都教区が2024年合併へ

日本聖公会、大阪教区と京都教区が2024年合併へ

日本聖公会の大阪教区と京都教区が2024年4月に合併する見通しだ。来年21年秋の両教区会で合併の議案を上程、翌22年の日本聖公会総会で承認を求める。承認されれば、24年1月から両教区の宗教法人合併手続きを開始し、同年4月1日の合併を目指す。

2020年11月16日17時12分

涌谷保育園職員17人が退職届、元園長牧師のハラスメントに耐えきれず

涌谷保育園職員17人が退職届、元園長牧師のハラスメントに耐えきれず

日本基督教団涌谷(わくや)教会(宮城県涌谷町)が設立した「涌谷保育園」(社会福祉法人みぎわ会運営)で、同教会元牧師で法人理事長の瀧澤雅洋氏によるモラルハラスメントを訴えていた職員のうち17人が9日、退職届を提出した。

2020年11月14日22時14分

新型コロナウイルス

「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」発表 未知の感染症に備え

日本カトリック司教協議会は9日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応をもとに、未知のウイルスなどによる感染症が今後発生した場合に備え、「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」を発表した。

2020年11月11日18時27分

「試練の時」乗り越えたい 日本基督教団、感染対策の具体例示し注意喚起

日本基督教団、機構改定へ Q&A原案公開で意見募集 次期総会で議案提出目指す

教団機構の改定が、日本基督教団で重要な検討課題となっている。課題についての認識と理解を深めてもらおうと、教団伝道対策検討委員会は、すでに提示している検討資料に基づくQ&Aの原案を教団ホームページで公開した。

2020年11月11日16時15分

日本聖公会、新首座主教に九州教区の武藤謙一主教

日本聖公会は9日、第19代首座主教に九州教区のルカ武藤謙一主教(66)を選任したと発表した。10月27~29日にオンラインで開催された第65回総会で決まった。3日には富山聖マリア教会(富山市)で各教区主教出席のもと就任式が行われた。  

2020年11月09日17時29分

教皇のシビルユニオン支持発言「『婚姻の秘跡』の教義に変更なし」 東京大司教区が見解

カトリック東京大司教区は6日、教皇が同性カップルにも婚姻に準じた法的権利を与える「シビルユニオン」を認めるべきだとする考えを示したことについて、男女による結婚を前提とした「婚姻の秘跡」の教義に変更はないとする見解を公式サイトで発表した。

2020年11月09日14時34分

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

訪日時の「教皇への献金」、約9千万円をバチカンに送金

日本カトリック司教協議会(会長・髙見三明大司教)は21日、昨年11月の教皇訪日に当たって協力を呼び掛けた「教皇への献金」として9177万887円が集まり、今月初めにバチカン(ローマ教皇庁)へ送金したことを報告した。

2020年10月21日19時13分

モラハラで解任の元牧師、保育園長退任後も園近くで飲酒繰り返す 町議会も問題視

モラハラで解任の元牧師、保育園長退任後も園近くで飲酒繰り返す 町議会も問題視

職員からモラルハラスメントを訴えられ、涌谷(わくや)保育園(宮城県涌谷町)の園長を退任した瀧澤雅洋氏が、その後も園の施設管理者などとして留まり、降園時間に園近くで飲酒することを繰り返している。

2020年10月21日17時22分

出所者の社会復帰に関心を 「受刑者とともに捧げるミサ」

出所者の社会復帰に関心を 「受刑者とともに捧げるミサ」

牢(ろう)にいる人たちは、愛するに値しない人ですか――。昨年11月に日本を訪れたローマ教皇フランシスコの問い掛けに応えようと、「受刑者とともに捧げるミサ」が17日、カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会、東京都千代田区)で行われた。

2020年10月20日9時12分

日本のカトリック聖職者による児童性的虐待、訴えは16件 司教協議会が調査結果を発表

カトリック聖職者による性暴力、被害女性が提訴 国内で初

カトリック仙台司教区の男性司祭から約40年前に性的被害を受けたとして、仙台市の鈴木ハルミさん(67)が9月24日、同教区と男性司祭、2次被害を加えたとする男性司祭を相手取り、計5100万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

2020年10月02日20時41分

聖ピオ十世会は「関係のない団体」 カトリック東京大司教区が公示

カトリック東京大司教区は1日、「聖ピオ十世会」について「一切関係のない団体」とし、「信徒が同会のミサに参加することは、現時点で推奨することはできませんので、信徒一人一人が信仰者としてのふさわしい判断をされることを望みます」と公示した。

2020年10月02日7時57分

前教区会計の資金流用、カトリック長崎大司教区が謝罪 「重大な不手際」

教区資金2・5億円流用、カトリック長崎大司教区が謝罪「重大な不手際」

カトリック長崎大司教区で会計を担当していた司祭が2013年、教区の資金2億5千万円を無断で流用し、そのうち2億3200万円を損失した問題について、同教区は今月発行の機関紙「カトリック教報」で「重大な不手際」だったことを認めて謝罪した。

2020年09月18日16時34分

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

教会活動の制限、19日から緩和 カトリック東京大司教区

カトリック東京大司教区は14日、新型コロナウイルスの感染拡大防止で求めている教会活動の制限を19日から緩和することを公式サイトで発表した。これまで自粛を要請してきた75歳以上の高齢者についてもミサへの参加を認める方針を示した。

2020年09月15日16時01分

台風10号、九州・沖縄・山口の20教会の状況確認 「大きな被害なし」

台風10号、九州・沖縄・山口の20教会「大きな被害なし」

大型の台風10号は、6日から7日にかけて九州に接近し、各地で被害をもたらした。本紙は、九州7県と沖縄、山口の計9県の教会の被害状況を確認。8日朝までに20教会の状況が確認できたが、これまでのところ、会堂に大きな被害があったという報告はない。

2020年09月08日14時07分

「戦争は人間のしわざ」 戦後75年、カトリック東京大司教区が平和メッセージ

カトリック東京大司教区(菊地功大司教)は6日、戦後75年の平和メッセージを公式サイトで発表。「過去をふり返ることは、将来に対する責任を担うことです」と、1981年に当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が広島で語った言葉を引用した。

2020年08月06日16時37分

「私たちは、平和を生み出す者となれるはず」 戦後75年、日本聖公会が平和メッセージ

日本聖公会は28日、主教会による戦後75年の平和メッセージを公式サイトで発表した。フィリピの信徒への手紙2章6〜8節を冒頭で引用し、「キリストのように従順に身を低くし謙遜に生きるなら、私たちは、平和を生み出す者となれるはず」と訴えた。

2020年07月29日22時06分

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の集会でクラスター 15人感染

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団は23日、同教団の関東北東教区に属する教会のブランチ集会で、12日の集会後にクラスター(集団感染)が発生していたと公式サイトで発表した。

2020年07月27日18時47分

カトリック神父の性虐待被害者3人が体験語る 「悲しみと怒りで全身が震えた」

カトリック神父の性虐待被害者3人が体験語る 「悲しみと怒りで全身が震えた」

カトリック聖職者から性虐待を受けた被害信者たちが6月21日、長崎市内で集会を開き、「カトリック神父による性虐待を許さない会」を発足させた。集会では、仙台、東京、長崎の各地で被害を受けた男女3人がそれぞれの体験を語った。

2020年07月24日16時28分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース