東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り

2019年3月11日21時02分 印刷
+東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り
キリスト教、神道、仏教の3宗教から110人以上の宗教者が参加した=11日、カトリック雪ノ下教会(神奈川県鎌倉市)で

東日本大震災の発生から満8年となった11日、キリスト教、神道、仏教の3宗教合同による「追悼・復興祈願祭」がカトリック雪ノ下教会(神奈川県鎌倉市)で行われた。鎌倉市内を中心に宗教者110人以上が参加し、キリスト教界からはカトリック、聖公会、プロテスタントの各派から司祭や牧師、シスターのほか一般信徒も多く参加した。

祈願祭は、鎌倉市内の3宗教が震災発生1カ月後の2011年4月11日に第1回を開催して以来、毎年3月11日に行っている。会場は各宗教の持ち回りで、雪ノ下教会で行われるのは13年、16年に続き3回目。昨年は、鎌倉大仏殿高徳院で行われた。

この日は午後2時半過ぎ、聖歌「谷川の水を求めて」が歌われる中、3宗教の代表者ら約40人が入堂して始まった。雪ノ下教会の古川勉神父が導入の祈りをささげた後、地震発生時刻の午後2時46分には、鐘の音と共に参加者全員で1分間の黙祷をささげた。その後、鶴岡八幡宮を中心とした鎌倉市内の神社の神職約20人による「神道の祈り」、鎌倉市内外の僧侶約60人による「仏教の祈り」が続いた。

「キリスト教の祈り」では、他の宗教者も含め参加者全員で、聖歌「ガリラヤの風かおる丘で」を斉唱。始めの祈りとして、日本キリスト教会鎌倉栄光教会の白井献牧師が、「今この時、共に祈っているであろう被災者の方々の上に、恵みと平安を送ってくださいますように」と祈った。

東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り
「キリスト教の祈り」をささげるカトリック、聖公会、プロテスタント各派の代表者ら

その後、雪ノ下教会のヌカポグ・スダーカル神父が、イエス・キリストが教えた「山上の垂訓」のうち8つの祝福について書かれた、新約聖書のマタイによる福音書5章1~10節を朗読。日本基督教団大船教会の松下道成牧師が、震災の追悼と復興を願う祈りをささげた。

「あなたはもう忘れてしまったのですか。愛するあの人は戻ってこないのです――」。松下牧師は被災者の叫び声を代読するかのように述べた後、「でも、あなたは私に声を掛けてくれました。手を差し伸べてくれました」「もう二度と人を愛せないと思ったけれど、人を愛することを思い出させてくれました」と、震災で苦しむただ中でも神が共におられ、慰めてくれたことを告白するように語った。

「だからあの時、あなたはそこにいてくださいました。愛する者の死と一緒にいてくださいました。あなたは、あの恐怖を、あの絶望を、あの寂しさを、あの悲しみを経験し、この無念さを知っていてくれました。だから、私の魂は主に望みを置き、御言葉を待ち望みます」

東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り
参加者でいっぱいになった雪ノ下教会の聖堂

「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである――」と、聖書朗読で読まれたマタイによる福音書5章1~10節を祈りの中でも触れ、最後には詩編130編から「主を待ち望め。慈しみは主のもとに、豊かな贖(あがな)いも主のもとに」と祈った。

その後、讃美歌「やすかれわがこころよ(信頼)」が聖歌隊によって歌われ、雪ノ下教会のチェ・ウォンテ神父の引導の下、参加者全員で「主の祈り」を唱えた。最後は日本聖公会鎌倉聖ミカエル教会の北澤洋司祭が、「東日本大震災のために、今なお困難の内にある人々を省み、彼らが再び前を向き、力強く歩んでいくことができますように、導きと力をお与えください。私たちもまた、その人々の苦しみ、悩みを心の内に覚え、彼らを支え、共に歩んでいくことができますように」と、結びの祈りをささげた。

東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り
讃美歌「やすかれわがこころよ(信頼)」を歌う聖歌隊

東日本大震災による死者は、昨年宮城県内で新たに2人の身元が特定されたことで、2人増えて1万5897人となった。しかし、行方不明者は依然として2500人以上おり、震災関連死で亡くなった人は約3700人、避難生活者はいまだに約5万2千人もいる。

祈願祭では、3宗教による祈りがささげられた後、参加者全員で讃美歌「いつくしみ深き」を歌い、主催した鎌倉宗教者会議の会長や副会長ら代表者4人が、犠牲者への追悼の意を込め献花をささげた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

海の日を「産み」の日に 中絶やめよう、300人がデモ行進

プロボクサーの村田諒太、息子への手紙で新約聖書の「タラントのたとえ」

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

「1宗教施設に1難民家族」など 世界宗教者平和会議日本委が世界大会前に提言文

「神父射殺事件を取材して見えてきたもの」 毎日新聞東京本社で講演

フジテレビ社長に遠藤周作長男の遠藤龍之介氏

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(3)通報を基準に考えるのではなく隣人として 千葉敦志

災害と聖書の神―貧しい人・被災者は幸いである 岩村義雄・神戸国際キリスト教会牧師

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(2)連携の糸口としてのマルトリートメントの概念 千葉敦志

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(1)チャイルド・プロテクション・チームから学べること 千葉敦志

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング