教皇一般謁見でほほ笑ましいハプニング、耳の不自由な男の子が壇上に

2018年11月30日19時49分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+教皇一般謁見でほほ笑ましいハプニング、耳の不自由な男の子が壇上に
28日に行われたローマ教皇の一般謁見では、教皇が演説している最中に、男の子が壇上に上ってしまうハプニングがあった。(画像:CNS通信の動画より)
- 広告 -

28日に行われたローマ教皇の一般謁見で、耳の不自由ななわんぱく坊やが会場を和ませる一幕があった。

バチカンの「パウロ6世記念ホール」でこの日に開かれた一般謁見で、教皇フランシスコが演説する中、母親の手から逃れた男の子が、教皇のいる壇上にまで上ってしまったのだ。男の子は、教皇の前にいることなどお構いなしに、教皇が座る椅子の周りを回ったり、教皇の隣に立つスイス衛兵の手を取ったりし、さらに男の子の妹も壇上に上ってしまう始末。

男の子を連れ戻そうとした母親が、男の子の耳が不自由であることを教皇に告げると、教皇はそのまま遊ばせておくように告げた。

そして数百人の巡礼者に対し、「この子は話すことができません。耳が不自由なのです。でも、意思を伝えることはできます」と説明。「私は男の子を見て、思わされたことがありました。それは彼が自由だということです。わんぱくですが、彼は自由です」と笑みを浮かべながら話した。

さらに「私は考えさせられました。自分は神の前でこれほど自由だろうかと」と続け、「イエス様が子どものようになりなさいとおっしゃるとき、それは、お父さんの前で子どもが持つような自由を、私たちも持つ必要があるということです。この男の子は、私たちみんなに説教してくれたようです。(神の)恵みによって、彼が話せるようになるようお祈りしましょう」と述べた。

男の子の一家はアルゼンチン出身だという。それを知った同じく同国出身の教皇は、隣に腰掛けていたゲオルク・ゲンスバイン大司教(教皇庁公邸管理部室長)に、「男の子はアルゼンチン人だそうです。(どうりで)しつけが悪いわけだ」と、ほほ笑みながら冗談も語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング