主キリストの恵み・奥義の中を生きる 万代栄嗣

2018年5月14日07時22分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「しかし私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです」(ガラテヤ2:19、20)

教会の中には、この世の中や社会の法則や論理とは違う、ここにしかない特別な命と特別な原理原則が存在しています。それは、単なる金もうけの損得勘定や好き嫌い、人の注目度や話題性ではなく、神から与えられた命や聖書のお言葉に基づくものです。そこに教会らしさが溢れています。

教会に存在する特別な力や原動力の中心は、罪深い私たちを救うためにこの世に来てくださり、十字架の上で命を捨ててくださった主イエスです。私たちに与えられる命はこの世で終わるのではなく、天国まで続くことを証明するために、イエスは死の力を打ち破り、よみがえって神の恵みを証明されました。この十字架と復活のイエスが私たちと共にいてくださり、教会のど真ん中におられるから、世の中の団体や金もうけのグループとは違うのです。

ガラテヤ人への手紙は、パウロが初代教会の人々に書いたものです。単に宗教としての教えや理論を伝えるのではなく、救い主イエスを信じることによって与えられる大きな恵み、特別な祝福、つまり神によって与えられる奥義(秘密、隠されている、特殊なものの意)があり、私たちはクリスチャンとして、奥義を実体験できると語っています。

教会生活が当たり前になりすぎて、ワクワクドキドキ期待することがなくなっているのでは残念です。クリスチャンは、人間の努力や訓練では身につけられない、特別な霊的な現象や霊的な賜物、奥義、秘義、必殺技ともいうべき大きな恵みを頂いているのです。クリスチャンとして与えられている大きな恵みを再発見し、再確認したいと思います。

1. 罪人でありながら義と認められている

どんなに良いことをして愛の込められた行いをしようとしても、しょせん罪びとの悪あがきで、心の中は人をうらやんだり、憎んだり、罪深い性質のままであることは、逃がれられない事実です。それでも私たちが清められて、神との関係を回復する方法があります。それはただ、キリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められ、罪が清められることです。

2. 古いものは死にキリストがうちに生きる

一見ありそうもないことが起こっています。古い私たちは、イエスが十字架につけられたときに一緒に死にました。今は弱い私たちでありながらも、キリストの命が私たちのうちに生きておられます。パウロは言います。「私は土の器です。しかし、その内側に神の光、キリストの命を宿しています」(Ⅱコリント4:5~7参照)。

クリスチャンの人生は不思議です。単に宗教の道徳や倫理を学ぶのではなく、イエスの命と重ね合わせられています。私たちは独りぼっちではありません。神の命と愛が私たちと共にあるのです。この恵みを体験して前進しましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング