ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(18)さっちゃんのまほうのて 高津恵子

2016年7月22日19時51分 コラムニスト : 高津恵子 印刷
関連タグ:高津恵子

信州からこんにちは、ちいさな絵本屋ノエルです。

今回の絵本は・・・

さっちゃんのまほうのて
たばたせいいち・先天性四肢障害児父母の会 共同制作 偕成社

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(18)さっちゃんのまほうのて 高津恵子

(『さっちゃんのまほうのて』より)

ひろくん や さっちゃんのことを思い出しました。保育園勤務時のお話です。
ひろくんは、ダウン症で年長さんになってもまだおむつが外せなかった。
(大も小もパンツにしてしまう)
担任はおむつ替えが大変そうだったが、時折おんぶをせがんでいる大きなひろくんを
おぶってあげていたりして、よく面倒をみていた。
ひろくんは、いつもにこにこして、誰にでもやさしかった。けんかするということはまるで知らないようだった。
そして、そのクラスはみんなが、「ひろちゃん、ひろちゃん」と言っては、輪の中に入れたり庇ったりしてあげていた。その様子はとても自然だった。
ひろくんがそこにいることによって、まだ幼い子どもたちだけど、仲間意識が芽生えていったのだろう。障がいがあるなしは関係あったのだろうか?
他のクラスの子には、ひろくんに対する思いが特別感じられないように思えた。
担任もそうだが、いいクラスに成長していると感じた。
先生もひろくんも今どうしているかな~
私はその頃、さっちゃんという発達遅滞の子の担当だった。
その園を退職してからしばらくたったある日、さっちゃんの母親から電話があり、夫が急死したとの知らせだった。(大型店の駐車場で車の中で亡くなっていた。後に病死と判明)
私にすぐ電話してくるとは、母親自身も発達遅滞の障がい者でひどく混乱したのだろうか?
夫はだいぶ年が離れている。さっちゃんの弟も障がい児だった。
家族が住むアパートへ行く。そこは物であふれかえった部屋だった。玄関から足の踏み場がないほどに。
そこで葬儀に伴い部屋の中の物を分別して、リサイクルショップに持っていくなどお手伝いした。
近くの教会へも紹介した。
しばらく一緒に集ったが、残念ながらその教会ではつながることができなかった。

自由奔放な彼ら(たぶん嬉しくてはしゃいだのだろうが)を理解して忍耐し受け入れてくれる場所ではなかった。(宣教師家族主導)
私たちは、あのひろくんのクラスのみんな・・・純粋な小さい子どもたち・・・
キリン組さんを見習わなくてはならないと思う。

そのとき、イエスに手を置いて祈っていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。
しかし、イエスは言われた。「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」
そして、子供たちに手を置いてから、そこを立ち去られた。
(マタイ19:13~15)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(18)さっちゃんのまほうのて 高津恵子
ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(18)さっちゃんのまほうのて 高津恵子

ぼくのこれはまほうのて?まえあし?
イエスさまの手はやさしいね。

<<前回へ     次回へ>>

高津恵子

高津恵子(たかつ・けいこ)

上田女子短期大学卒業、2007年JTJ宣教神学校神学部卒業。実家のホテルで20年勤務した後、保育園勤務。佐久市社会福祉協議会ボランティアスタッフ。「ブレッシング・ホームチャーチ」メンバー。10年から絵本屋「ノエル(NOEL)」を始める。1999年受洗。著書に、最新刊「心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)」がある。

ご注文は、全国のキリスト教書店、 Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

「ノエル」のブログ
【高津恵子著書】(Amazon)
【高津恵子著書】(イーグレープ)

関連タグ:高津恵子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース