ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(16)水野源三と心の居場所 高津恵子

2016年6月24日23時09分 コラムニスト : 高津恵子 印刷
関連タグ:高津恵子

信州からこんにちは!小さな絵本屋ノエルです。

聖書には心という言葉がたくさん記されています。私たち人間と神様の御心です。そこで、今回は心の絵本を探してみました。

まず最初の絵本は、同郷長野出身の水野源三さんの詩集です。絵本のご紹介の前に、水野さんを知ってほしいと思います。

水野源三について

不治の病と信仰

水野源三は1937年1月2日、長野県埴科郡坂城町に5人兄妹の次男として生まれた。坂城は千曲川のほとり、自然に恵まれた美しい町である。この町で敗戦後間もない46年8月、集団赤痢が発生した。当時小学4年生だった源三も発病し、十数日にわたる高熱が続いて、意識が戻ったときは脳性麻痺に冒されていた。見る、聞く以外は何もできない重い障害を負った彼は、6畳の間に寝たきりの生活を送らなければならなかった。

あらゆる治療も効果なく、数年が過ぎた頃、源三のもとを1人の牧師が訪ねるようになった。自らも進行性筋萎縮症の病を負ったその牧師が語る聖書の話に、源三は徐々に耳を傾けるようになっていく。希望もなく渇いていた心に、聖書の言葉が命の水となって注がれ、明るさを取り戻していった。50年12月には洗礼を受けた。

瞬きの詩

水野源三が詩作を始めたのは18歳の頃からである。母の指さす50音表の文字を見ながら、「はい」の時は目をつぶるという意思表示によって、ゆっくりとではあったが、自分の言いたいことを表現できた。詩は独学だったが、サトウハチローや八木重吉の詩集を繰り返し読んだ。

やがて、キリスト教の雑誌にぼつぼつと投稿した作品が取り上げられ、世に知られるようになった。源三が亡くなるまでに、4つの詩集が刊行された。

家族に守られて

彼の詩を語るとき、家族の存在なしに語ることはできない。家族の温かさ、強い絆が源三の豊かな人間性を育んだと言ってよいだろう。

特に母(うめじ)は60歳でがんに倒れるまで、30年近くを、源三から片時も離れることなく世話をした。その母に対する思いは、彼の作品の中に、ある時はいとおしさとして、ある時は慟哭(どうこく)となってつづられている。

両親の死後、源三は、弟一家によって守られながら詩作に励んだ。しかし、源三の体力は限界がきていた。寒い信州の夜、喘息(ぜんそく)の発作に襲われると、20キロ少ししかない体は急速に衰えていった。

1984年2月6日、弟夫婦に見守れながら、地上の生涯を終えた。享年47。粉雪が舞う朝だった。(巻末より)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(16)水野源三と心の居場所 高津恵子

私は私らしく』(水野源三 詩、森住ゆき[ちぎり絵作家] 絵、守屋真理子 訳、フォレストブックス)

 

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(16)水野源三と心の居場所 高津恵子

次の絵本の著者は、聖書の中の「神の国は・・・『そら、ここにある』とか、『あそこにある』とか言えるようなものではありません。いいですか。神の国は、あなたがたのただ中にあるのです」(ルカの福音書17章20、21節)という言葉からこの物語の発想を得ました。

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(16)水野源三と心の居場所 高津恵子

心の居場所を探しに』(メアリー・ジョスリン 作、アリソン・ジェイ 絵、千葉茂樹 訳、フォレストブックス)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(16)水野源三と心の居場所 高津恵子

ぼくは、ぼくらしく・・・のびのびーと。

<<前回へ     次回へ>>

高津恵子

高津恵子(たかつ・けいこ)

上田女子短期大学卒業、2007年JTJ宣教神学校神学部卒業。実家のホテルで20年勤務した後、保育園勤務。佐久市社会福祉協議会ボランティアスタッフ。「ブレッシング・ホームチャーチ」メンバー。10年から絵本屋「ノエル(NOEL)」を始める。1999年受洗。著書に、最新刊「心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)」がある。

ご注文は、全国のキリスト教書店、 Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

「ノエル」のブログ
【高津恵子著書】(Amazon)
【高津恵子著書】(イーグレープ)

関連タグ:高津恵子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース