憲法9条、ノーベル平和賞受賞ならず 鷹巣さん、受賞団体に「心からの祝意と敬意」 署名活動は継続

2015年10月10日00時56分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+憲法9条、ノーベル平和賞受賞ならず 鷹巣さん、受賞団体に「心からの祝意と敬意」 署名活動は継続
記者会見に臨む「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会共同代表の石垣義昭さん(74、左)と鷹巣直美さん(38、中央)=9日、神奈川県相模原市で
- 広告 -

ノルウェーのノーベル委員会は9日、2015年のノーベル平和賞を、北アフリカ・チュニジアの民主化に貢献した4組織からなる運動団体「国民対話カルテット」に授与すると発表した。2011年にチュニジアで起こった「ジャスミン革命」に端を発した中東の民主化運動は「アラブの春」と呼ばれ、チュニジアで政治対立を対話で解消し、民主化に貢献したことが評価された。

一方、昨年に続き、「憲法9条を保持している日本国民」の受賞を目指して活動してきた「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会は9日、神奈川県相模原市内で記者会見を開き、ノルウェーでの発表の様子を集まった報道陣と共に見守った。この日の午後2時半までに集まった署名は、69万3951筆(紙署名61万5272筆、ネット署名7万8679筆)。会見冒頭、同実行委の共同代表でクリスチャンの主婦・鷹巣直美さん(38)は、「署名をしてくださった方々、推薦人になってくださった方々にお礼を申し上げたい」と述べた。

昨年受賞を逃した後も、同実行委では、さまざまな形で活動をしてきた。昨年は、発表直後の12月、この取り組みが、北朝鮮と国境を接する韓国の江原道(カンウォンド)と江原日報社が主催する「DNZ(非武装地帯)平和賞2014」で「特別賞」を受賞した。今年は、ノーベル平和賞推薦締め切りの2月1日までに、超党派の国会議員61人が推薦人となり、連名の推薦状が提出され、大学教授など他の23人の推薦人と合わせ84人が推薦人となった。

憲法9条、ノーベル平和賞受賞ならず 鷹巣さん、受賞団体に「心からの祝意と敬意」 署名活動は継続
ノルウェーでの発表の様子を見守る「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会のメンバーたち

また、日本と同じく平和憲法を保持する中米コスタリカの国会では、全会一致で日本・コスタリカの両国民をノーベル平和賞候補として推薦することを決定した。一方、5月から同実行委では、憲法の平和主義に反するとして、安全保障関連法案に反対し、廃案を要請する署名活動を開始。その翌月にノーベル委員会から受理通知が届き、「憲法9条を保持している日本国民」が平和賞候補として2度目のノミネートを果たした。

発表時間が迫る中、同じく共同代表の石垣義昭さん(74)は、「私たちが、『憲法9条を保持し続けてきた日本国民にノーベル平和賞を』と言うのは、世界中の一人一人がこの平和憲法の理念を自分のものとして、全ての人の平和的生存を実現したいと思うからです。しかし、世界は深い混迷の中にあり、紛争に明け暮れ、平穏に暮らしていた人々が次々と難民化している。武力による介入が紛争の解決ではないことを表している」と話した。

今年は受賞には至らなかったが、鷹巣さんも石垣さんも発表を聞くと、受賞したチュニジアの国民対話カルテットに拍手を送った。

憲法9条、ノーベル平和賞受賞ならず 鷹巣さん、受賞団体に「心からの祝意と敬意」 署名活動は継続
記者会見で話す鷹巣直美さん

鷹巣さんは発表直後、「受賞された団体に心からの祝意と敬意を表したいと思います」とコメント。また、安保関連法に触れ、「憲法は危機に直面しているが、国の最高規範である憲法は変わっていない。私たちは、戦争が絶えないこの世の中に憲法9条を輝かせるため、これからも活動を続けていく」と話した。

報道陣からの質問に鷹巣さんは、「昨年は、マララ(・ユスフザイ)さんが平和賞を受賞した。心からうれしかったが、まだ小さな少女に、こんなつらい思いをさせている原因は何だろうと考えるとき、それは戦争であり、そこから貧困や飢餓が生まれている。国際社会は反省をしなければならない。戦争がこの小さな少女を苦しめていることを感じ、だからこそ、憲法9条の素晴らしさをもっともっと世界にアピールしたいと思った。それなのに、日本は真逆の方向に向かっているように思う。今、私たちが声を上げなければと、いてもたってもいられない気持ちでこの場にいる」と語った。

同実行委では今後も、これまで通り100万筆を目指して署名活動を続ける予定だ。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング