パキスタン

パキスタン東部ラホールでイースターに自爆テロ キリスト教徒が標的か

パキスタン東部ラホールでイースターに自爆テロ キリスト教徒が標的か

パキスタン東部の都市ラホールの公園で27日、自爆テロが発生し、28日までに少なくとも72人が死亡、約230人が負傷した。27日はキリスト教の祭日「復活祭(イースター)」で、「パキスタン・タリバン運動」系の組織が犯行声明を発表した。

2016年03月28日17時23分

パキスタン警察、キリスト教徒の男性を裸にして吊るし、丸太で暴行し死亡させる 男性の息子が明かす

キリスト教徒を擁護した政治家を殺害したムムターズ・カドリ死刑囚に絞首刑を執行 パキスタン

パキスタンで2月29日、冒とく法に反対する主張をしていたことを理由にパンジャブ州のサルマン・タシール元知事を殺害した男に対し、死刑が執行された。

2016年03月05日22時35分

冒とく罪で死刑判決を受けたアーシア・ビビさん、迫害者を赦す パキスタン

キリスト教徒の男性、警察の拷問から妻を助け死刑判決を受ける

パキスタンで、冒とく罪で死刑判決を受けたキリスト教徒の男性が、警察によって拷問されていた妻を救うために自白を強要されたと主張した。男性は控訴審で、「警察が妻を拷問しているのをただ見ていられる夫はいません。ですから妻を救うため、私は自白しました」と語った。

2016年02月27日11時29分

パキスタン警察、キリスト教徒の男性を裸にして吊るし、丸太で暴行し死亡させる 男性の息子が明かす

パキスタン警察、キリスト教徒の男性を裸にして吊るし、丸太で暴行し死亡させる 男性の息子が明かす

イスラム教徒の家庭で窃盗を犯したことを自白させるため、警察による拷問を受けたキリスト教徒の男性の息子クラームさんが、今月に入り、男性が受けた恐ろしい暴行の実態を語った。男性は死亡した。

2016年02月08日23時59分

2015年は世界中のキリスト教徒にとって最も致命的 オープン・ドアーズの「ワールド・ウォッチ・リスト」発表

2015年は世界中のキリスト教徒にとって最も致命的 オープン・ドアーズの「ワールド・ウォッチ・リスト」発表

キリスト教迫害監視団体「オープン・ドアーズ」は、世界で最もキリスト教徒に対する迫害が激しく、前代未聞の状況に達している国々のリストを公表し、2015年は2014年をしのぐ、全世界のキリスト教徒にとって最も致命的な年だったと述べた。

2016年01月18日21時27分

冒とく罪で死刑判決を受けたアーシア・ビビさん、迫害者を赦す パキスタン

冒とく罪で死刑判決を受けたアーシア・ビビさん、迫害者を赦す

冒とく罪で死刑判決を受けたキリスト教徒のアーシア・ビビさんは、収容後7回目のクリスマスを迎え、「クリスマスは神の憐れみを祝う時です。私は迫害した人たち、濡れ衣を着せて告発した人たちを赦(ゆる)します。そして彼らの赦しを待ちます」と語った。

2016年01月06日22時45分

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

南インド教会(CSI)マドラス教区の「元気に満ちた」クリスマスの祝祭は、議長が洪水の被災者救援に焦点を絞るよう呼び掛けたことで中止となった。しかし、パキスタン教会ペシャワール教区では、治安状況の改善でクリスマスのにぎわいが2年ぶりに復活するという。

2015年12月18日21時59分

10代のイスラム教徒、迫害に苦しむキリスト教徒を支援するために集まる ラホール

10代のイスラム教徒、迫害に苦しむキリスト教徒を支援するために集まる ラホール

宗教的少数派を支援するために、イスラム教徒の若者がラホールで抵抗活動を行っている。パキスタンのNGO「Bargad」は、宗教的少数派に対する差別と不正義に反対するキャンペーンの一環として、500人以上のイスラム教徒の若者と共にデモを行った。

2015年11月09日17時57分

冒とく罪で収監中のアーシア・ビビさん、父との接見可能に

パキスタンで冒とく罪により死刑判決を受け、収監中のアーシア・ビビさんの父ソラン・マシ氏に、娘との接見が認められた。同氏の弁護士が8月25日、カトリック通信UCANに明らかにした。

2015年09月01日17時48分

冒とく罪で収監中のアーシア・ビビさん、上告認められ死刑執行延期に

冒とく罪で収監中のアーシア・ビビさん、上告認められ死刑執行延期に

冒とく罪により収監中のキリスト教徒のパキスタン人女性、アーシア・ビビさんの死刑執行が22日、パキスタン最高裁により延期された。既に刑務所で6年余りも過ごしているビビさんには、イスラム教信仰を侮辱したとして、2010年に死刑判決が出されている。

2015年07月27日16時46分

パキスタンの青年キリスト教徒ら、テロ襲撃から教会守る自衛団を結成

パキスタンの青年キリスト教徒ら、テロ襲撃から教会守る自衛団を結成

イスラム教が優勢な国家において、近年、教会がテロリストの襲撃の標的となっていることを受けて、聖書の言葉にヒントを得たパキスタンの若いキリスト教徒たちが、教会を守るために自衛団を結成した。

2015年07月17日11時25分

イスラム教冒とくの疑いでキリスト者夫婦に集団暴行 パキスタン

パキスタン東部パンジャブ州マッキ村で6月30日、イスラム教を冒涜した疑いを掛けられたキリスト者夫婦が、イスラム教徒の群衆に殴り殺されそうになっていたところを、駆け付けた警察官によって救出される事件があった。

2015年07月07日17時07分

10歳男児、イスラム教聖職者から暴行受け意識不明 モスク建築の労働拒否で

10歳男児、イスラム教聖職者から暴行受け意識不明 モスク建築の労働拒否で

10歳の男の子が、パキスタン東部パンジャブ州で、モスク建築のために働くことを拒み、イスラム教学校の教師に杖で暴行された。パキスタンのニュースサイト「Dawn.com」によると、タイアブ君は意識を失うまで暴行を受けたという。

2015年07月07日11時02分

冒とく罪で収容中のパキスタン人キリスト教徒の母親、健康状態が悪化 歩行困難、吐血も

冒とく罪で収容中のパキスタン人キリスト教徒の母親、健康状態が悪化 歩行困難、吐血も

英国のキリスト教団体が、冒とく罪で死刑判決を言い渡され、現在パキスタンで刑務所に収容されている女性キリスト教徒アーシア・ビビさんの解放を求めるため、同国の大統領と首相に対し連絡を取り、直接訴えるよう呼び掛けている。

2015年06月16日15時50分

パキスタンのカラチに事業家が巨大な十字架建設

パキスタンでは少数派キリスト者の実業家パルヴェズ・ヘンリー・ギル氏が2年前、抑圧にあえぐ仲間のために何かするべきだと神が語り掛ける夢を見たとして、カラチに高さ42メートルもの十字架を建設中。

2015年06月02日0時15分

礼拝・ミサ中の教会で自爆テロ、10人死亡 パキスタンの反武装勢力が犯行声明

パキスタン東部の都市ラホールにある2つの教会で15日、自爆テロとみられる爆発が相次いであり、少なくとも10人が死亡、55人以上が負傷した。地元警察によると、一つはプロテスタント教会で、もう一方はカトリック教会。共に礼拝・ミサの最中だった。

2015年03月15日21時57分

パキスタンの小さな町に教会と集会施設立てられる

パキスタンの小さな町に教会と集会施設立てられる

パキスタンの都市コハトに近い小さな町ハングに、新しい教会と集会施設が立てられた。大半がイスラム教徒のこの町には、キリスト教徒の家族も30家族いる。12月には献堂式が行われ、差別と貧困に苦しむ現地のキリスト教共同体は自分たちの「家」を得た。

2015年01月22日23時02分

「仏風刺紙」関連の議論・デモ、世界に拡大

フランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」が表紙にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに対するイスラム教徒の抗議行動が、アフリカや中東、アジアに広がっていることを米紙「ウォールストリート・ジャーナル」などが伝えている。

2015年01月20日13時09分

パキスタン:学校襲撃を受け、ペシャワールでクリスマスの祝祭が取りやめに

パキスタン:学校襲撃を受け、ペシャワールでクリスマスの祝祭が取りやめに

パキスタン教会(聖公会・メソジスト・ルーテル・長老派の合同教会)はクリスマスの祝祭を取りやめにすることを決めたと、ペシャワールの主教が語った。16日にタリバンによる学校襲撃で132人の子どもたちと9人の大人が殺害された事件を受けてのことだ。

2014年12月19日20時23分

パキスタン・キリスト教会議、タリバンによる学校襲撃を非難

パキスタン・キリスト教会議、タリバンによる学校襲撃を非難

パキスタンのキリスト教徒の社会的、宗教的、政治的権利を守る政党「パキスタン・キリスト教会議(PCC)」は17日、「タリバンによるペシャワールの学校児童の襲撃を非難する」とするコメントを、同フェイスブックに掲載した。

2014年12月19日14時14分

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午後6時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 5,708
(+511)
1,605,548
(+82,837)
死者数 110
(+4)
95,808
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
356,161
(+19,087)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース