峯野龍弘

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(54) 峯野龍弘牧師

さて、以上のように見て来ると非常に残念なことなのですが、実に皮肉なことには生まれながらに平均的他者に比べて圧倒的に純正な良き性質をもってこの世で呱呱の声を挙げた「ウルトラ良い子」ほど、より早く、より深く傷つき易く、心病み、自己破綻し易いとも言えるのです。

2014年02月14日14時15分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(53) 峯野龍弘牧師

さて、かかるプロセスを経て遂にウルトラ良い子たちの中に、様々な病める症状が惹き起こされてまいります。

2014年02月07日20時31分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(52) 峯野龍弘牧師

さて、こうしたプロセスを辿りながらウルトラ良い子たちが徐々に心病み、傷ついて行くのですが、この場合決定的に病める症状が顕著に外的に露呈するのは、いつ頃どのようにしてでしょうか。

2014年01月31日23時55分

リバイバルの指導者に学ぶ「徹底した信仰」 第42回小原記念聖会

リバイバルの指導者に学ぶ「徹底した信仰」 第42回小原記念聖会

大正から昭和にかけて日本のホーリネス運動を指導し、日本のキリスト教史に残る大正・昭和の2度のリバイバルを経験した故小原十三司氏の記念聖会が26日、同氏が56年間にわたり牧会した東京都新宿区の淀橋教会で開かれた。

2014年01月26日23時57分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(51) 峯野龍弘牧師

真の愛の本質が何であるかを明白に把握するようになると、お互いは如何に自分が真の愛とその本質から遥かにかけ離れた低いところに自らの愛の概念を設定してしまっていたかに気付かされます。

2014年01月25日13時34分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(50) 峯野龍弘牧師

子供の心を傷付ける原因が、非受容と抑圧にあると記しました。更にはその非受容や抑圧が親が我が子を愛していると思っている自負心にあるとも申しました。

2014年01月10日23時10分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(49) 峯野龍弘牧師

世俗の価値観に支配されている両親や同居の親族からの非受容と抑圧は、親の「我執」から来るエリート主義に淵源する教育の弊害であって、我が子への人格操作に過ぎず、その子どもの本来の個性や本質を無視した一種の洗脳教育に他ならない。

2014年01月03日6時35分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(48) 峯野龍弘牧師

さて、以上においてウルトラ良い子たちの抑圧の最大要因について詳細に亘り解説してきたが、ここではその具体的な心傷ついて行くプロセスとその諸症状について述べてみたい。先ず何と言っても、ウルトラ良い子たちが心傷つき病んで行く第一のプロセスは、悲しいかな、皮肉なことに誰よりも最も我が子を愛している両親、そして同居の親族たちから始まる。

2013年12月27日21時13分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(47) 峯野龍弘牧師

さて、そもそも父親の権威主義やエリート志向がウルトラ良い子たちの純粋な心を強く抑圧したり、大きく傷つけ、歪めてしまっていると同様に、母親の虚栄心や羞恥心がウルトラ良い子たちの人生を大きく抑圧し、傷つけ、損なってしまっていることについて、多くの人々が余り良く気づいてはいない。

2013年12月20日8時30分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(46) 峯野龍弘牧師

第二のエリート志向の父親のタイプは、父親自身がその両親若しくはそのいずれか一方により、また更にはエリート家系の身近な親族などから幼い頃より「エリート志向」を強要されて来た父親である。

2013年12月14日22時56分

講演に耳を傾ける参加者たち=11日、東京都新宿区の淀橋教会で

「自分たちを見捨てないでくれ」 東北の被災地覚え東京で祈祷会

東日本大震災の発生から2年9カ月を迎えた11日、第33回東日本大震災3・11復興支援超教派一致祈祷会が東京都新宿区の淀橋教会で開かれ、教派を超えて集まったキリスト者が被災地の復興を祈った。

2013年12月11日22時41分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(45) 峯野龍弘牧師

第二の問題は、父親のエリート志向である。既に何度も述べてきたように“ウルトラ良い子”たちや“心の優しい純度の高い性質を持った子供たち”を極めて抑圧し易い重要事が“世俗的価値観”というものであったが、この「エリート志向」というのは...

2013年12月05日7時24分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(44) 峯野龍弘牧師

親から放任され続けていると、やがて子供たちの中に“見捨てられ症候群”とも呼ばれる不安と寂しさ、更には自分は大切にされてはおらず、要らない人間なのだろうかとの真に不憫な思いが培われてしまう。

2013年11月28日17時15分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(43) 峯野龍弘牧師

さて、以上のような五つの側面からの両親の役割の欠如が、いつしか子供たちの心の内に、世俗的価値観やその他の様々な言動からやってくる抑圧を、より受け易くしてしまっているという、悪い素地作りについてよくよく学んできた。

2013年11月21日14時43分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(42) 峯野龍弘牧師

さて、父母の役割の欠如のゆえの抑圧の素地づくりという点について縷々述べてきたが、この点に関していま一つの点を指摘しておきたい。それは我が子に対する父親の尊厳性と母親の敬虔性についてである。

2013年11月14日13時12分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(41) 峯野龍弘牧師

さて、父親と母親の役割の欠如の第4番目は、夫婦愛を通して我が子に伝授しなければならない人間愛の学習の欠如である。そもそも父、母は、子供たちにとってこの地上で最初に出会った人間で、しかも同じ血を分け合った掛け替えのない尊い身近な存在である。

2013年11月07日6時04分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(40) 峯野龍弘牧師

さて、目に見えざる尊いものへの畏敬心ということに関連していま一つ述べておきたいことがある。それが「天永滅」ということである。お互い人間は、その内に「霊」性を与えられていることから、他の被造物には断じてあり得ない極めて尊い思いと感性を有しているのである。

2013年10月31日5時42分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(39) 峯野龍弘牧師

さて、ここで更に生まれながらにして純粋で、卓越した、かつ鋭敏な感性をもって世に生を与えられてきた「ウルトラ良い子たち」に、「見えざる尊いものへの畏敬心」を育むためになお必要な第三の類型として、「命霊祈」が挙げられる。

2013年10月24日6時59分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(38) 峯野龍弘牧師

さて、次に重要なことは、「見えざる尊いものへの畏敬心」の第二の類型として、「神、愛、聖」が挙げられる。これこそ人間にとって最も畏敬しなければならない尊い存在であり、かつ最重要の認識の対象である。

2013年10月17日20時10分

峯野龍弘

愛による全面受容と心の癒やしへの道(37) 峯野龍弘牧師

さて、第一の類型にはもう一つ「美」があります。「美」とは、事物が完全に仕上がり、実に見事に周囲と調和し、しかもその存在が周囲を麗しく装い、人を幸せな思いにさせる極めて良好な状態を言います。

2013年10月10日20時39分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース