正木弥

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(178)キリストはいざ知らず、私たちが復活するの? 正木弥

人が神様を信じ、受け入れると、その人の心の奥底に種(聖霊)が宿り、体外から良いものを取り入れ、その人を成長させ、とき来たらば、天国で活動するにふさわしいからだを造りあげてくれるようです。

2019年01月19日8時24分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(177)私たちのからだが復活する、とはあり得るのか? 正木弥

私たちの肉のからだはいったん死んで、魂と分離して分解します。からだの組織は崩れ、細胞は分解し、タンパク質に戻り、タンパク質はアミノ酸になり、アミノ酸は元素に分解します。

2019年01月12日9時35分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(176)キリストはもう一度この地上に来られるというのは本当か? 正木弥

神は時間を創造し、空間を創造し、この世界を創造されました。それは、神の子として生き、共に楽しむための人間を創造し、導くためでした。だから、この世界・この時間はこの目的に向かって動いております。

2019年01月05日10時15分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(175)神が愛ならどんな人でも天国に入れてくれたらいいのに 正木弥

神は愛だけではありません。愛であるとともに、あるいはそれ以上に、聖なる神であります。聖ということは義であることにつながり、汚い者、不義なる者、罪や悪と同居できない、そのようなものを受け入れることができないのです。

2018年12月29日19時54分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(174)天国へ行って、そこで何をするのか 正木弥

喜びや楽しみの生活以外に、そこで何をするのかは明瞭には示されていません。しかし、「(死人の中から復活する・・・人たち)彼らは、御使いのようであり、また、復活の子として神の子どもだからです」(ルカ20:35、36)とあります。

2018年12月22日12時55分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(173)天国は本当にあるのか 正木弥

天国は本当にあります。天国は、他宗教でも名前が違うことはあっても、あると主張されていますが、新約聖書では「天の御国」とか「神の国」とかの名前でたくさん記述されています。

2018年12月15日18時43分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(172)天国は信じる者の心の中にある? 正木弥

天国といっても、人の心の中だけで心理的に存在するものにすぎないではないか、という質問ですね。それなら、「そうではありません」と答えましょう。ご質問は、ルカ福音書17章20、21節から発しているかと思います。

2018年12月08日20時58分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(171)私は天国に行ける? 正木弥

誰でもこの世の命が終われば、天国に行きたいと思っています。天国は天の御国、神の国ともいいますが、そこは天地の主“神様”の御座、神様の本拠です。従って、御使いや神の子たちなどが行くところです。

2018年12月01日7時03分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(170)神はなぜ悪人をこの世ですぐに罰しないのか 正木弥

悪人であっても後に悔い改めて立ち直ることがあるから、それを求めておられる、待っておられるのです。人生の終わりまできちんと見届けて、最後の審判の時に罰すべきを誤りなく罰し、賞すべきは的確に褒め、報いてくださるのです。

2018年11月24日8時07分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(169)死後の裁きなどはない? 正木弥

筆者は、どうあろうとも、脅したくはない。だから、地獄についてあまり語りません。ただし、神の真剣さ、人生の厳粛さ、それ故、人生が裁きで精算されることだけはきちんと告げておかなければなりません。また、筆者は言わないが、聖書は語っています。

2018年11月17日12時36分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(168)死後に魂は絶滅する? 正木弥

「人がコペルニクスの意見を深く究めないのはまだしも・・・霊魂が可死であるか不死であるかを知るのは全生涯にかかわることである」。どの国どの地域どの民族でも、死後に魂の何らかの活動を信じている人が、魂の絶滅を信じる人よりも多いようです。

2018年11月10日22時55分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(167)最後の審判、天国や地獄があるというのは本当か? 正木弥

この世では、個人の人生でも社会全体でも、善悪が必ずしも貫徹しているようには見えません。悪が罰されるとは限りませんし、正義がいつも通るとは限りません。善人がいつも賞揚されるわけでもありませんし、悪人がいつも非難されるわけでもありません。

2018年11月03日7時45分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(166)神は人間の言動をすべて考慮して裁くのか? 正木弥

神は全知の能力により、一人一人が歩んできた全人生を過去も現在も知っておられ、かつ記録しておられます。あたかも、現代のビデオテープのごとく、きちんと再現できるよう、忠実に記録されているようです。

2018年10月27日22時14分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(165)神の裁きは罰やたたりとどう違う? 正木弥

罰(ばち)とは、日本の神仏が悪事を犯した人間に下す返報であり、悪事の報いです。たたりとは、神仏の意思に逆らうために受ける罰です。罰とたたりはよく似ていますが、たたりには物の怪(け)などから受ける災いを意味する場合もあります。

2018年10月20日20時00分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(164)神はなぜ人を裁くのか? 正木弥

神は人を自由意思を持つものとしてお造りになりました。その自由意思により、人は神に従うか、神よりも自分の考えを基に生きるか(即ち、自分を神の立場にするか)、どちらをも自由に選択できる存在とされました。

2018年10月13日20時22分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング