なにゆえキリストの道なのか(235)献金とは何か? 正木弥

2020年2月22日18時27分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

献金とは何か、献金はしなければならないものか。

神は、自然の恵みをはじめとして、出自や健康や体力の恵み、能力、才能の恵みを思いのままに与え、その上に、機会とか巡り合わせとか出会いとかを組み合わせ、財・富・地位・名声などを思いのままに与えます。ですから、私たちが自分のものだと思っているあらゆる良い恵みも、元をたどれば神様から頂いたものといえます。

神は・・・あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。(2コリント9:8)

このようにして神は、信徒にも非信徒にも財・富を含めて多くの恵みを分け与えてくださっていますが、献金とは、心ある人がその受けた恵みの一部を(究極的には)神にお返し(おささげ)をしようとするものです。

具体的なささげ先は、信徒の場合はまずキリスト教会である場合が多いでしょうが、特定の伝道活動とかミッションである場合もあるでしょう。また、非信徒の場合は、例えばNGOの行う人道支援事業とか慈善事業の場合もあるでしょう。この意味でした献金はすべて尊いものです。

ただし、献金は惜しみながらするのではなく、好意に満ちたささげ物としてすることが大切です。聖書の中でこう書かれています。

少しだけ蒔く者は少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。(2コリント9:6、7)

献金は、しなければならないものではありません。しかし、神は喜んでささげる人を愛してくださいます。その人にあらゆる恵みをあふれるばかりに与えてくださいます。義の実を増し加えてくださいます。「足りない」「足りない」の心ではなく、「もっと欲しい」という心ではなく、満ち足りた気持ち、神への感謝の心に満たされるようになります。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース