なにゆえキリストの道なのか(238)したいようにして死んでいけばいい? 正木弥

2020年3月14日19時35分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

人はそれぞれに生きて、何事もなく死んでいく。神を恐れる人もそうでない人も変わりがない。ならば、神を恐れる必要はない。したいようにして死んでいけばいいではないか。

神は、“恐るべき方”というよりも“畏るべき方”である、といえます。“恐れる”とは恐ろしいという感情についての判断ですが、“畏れる”とは事情に基づく態度であって、正しく敬う、とか、正しく重んじる、ということです。逆に言えば、軽んじない、狎(な)れない(俗語で言えば)なめない、即ち、甘く見たり、バカにしたりしないということです。人は神を敬い、畏れるべきです。(“畏れる”という語が日本語から消えつつあるのは甚だ残念なことです。)

その理由を挙げてみますと、

1)神はあなたの造り主であり、また、いのちを支えている方だからです。神はあなたのすべてを造り、親が子のためにあらゆる配慮をし尽くすように、食べ物・着るもの・住む所・能力・健康・思考力・環境など生きるために必要なすべてをきちんと用意してくださっています。何よりも、これからの生き方によっては天の御国(天国)で永遠のいのちを得られるよう、約束し、用意してくださっています。ですから、人はこの神を敬い、大切に思い、感謝すべきです。

2)神は全知の方です。抽象的で概念だけの存在でなく、世界と人間一人一人をよく見ておられます。人が隠れてした悪事も、神の目を逃れるものはありません。地球の裏側でしたことも、心の奥深いところで考えたこともご存じです。人の目はごまかせても、神の目はごまかせません。また、人は自分の過去の罪は容易に忘れるものですが、神はきちんと記録しておられるのです。

3)このように見たこと・記録したことに基づき、神は人にその責任を問います。神は何もしない神ではありません。一人一人の全人生を決算し、評価するのです。つまり、裁くのです。時々は生きている間に裁きますが、大部分は死んでから(つまり、その全人生を見てから)人を裁かれるのです。死んだらすべて忘れ去られるのではありません。死んでからが大変なんです。ですから、生きているうちにその対策を講じておくことが何よりも大切なのです。神を侮ってはなりません。神は何もしないだろうと甘く考えてはいけません。神は一人一人をその全人生を検証して裁かれるのです。そのような神を畏れることが大事です。「見よ、神の慈愛と峻厳(しゅんげん)を」(ローマ11:22)。峻厳に罪を問われることになるのです。

4)しかし、峻厳だけでなく、慈愛の方でもあります。人のすべての罪を赦(ゆる)すために、道を備えてくださいました。キリストが来られて、すべての人の罪のため、身代わりの罰を受けてくださったのです。何とかたじけないことでしょうか。このキリストを信じる者は、裁かれて滅びることがなくなりました。天国へ行けるのです。

せっかくの神の愛です。裁かれても大丈夫なように、キリストを信じて罪の赦しを得ておきましょう。そして、神の子とされ、永遠のいのちを獲得しましょう。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース